睡眠とは、魂の若返りの時間である

 神

魂は、再生したいから、若返りたいから、睡眠の時には身体から離れる。

ニール  眠っている時には、魂は身体から離れるのですか?

 神

そうだ。それが眠りだ。

魂が身体に宿る事は、楽ではない!
とても難しい事なのだ。

魂は、軽くて自由で、安らかで喜びに満ちている。
完璧な知恵、完全な愛の存在だ。

だが、身体と共にある時には、それをめったに経験できない。

だから休息したい時には、身体から離れる。

ニール

眠るのは、「身体が休息を必要としているから」だと思っていました。

 神

逆だよ。

魂が休息を求めて、身体が眠りに落ちるのだ。

新しく物質世界に到着した魂は、とても疲れる。
だから赤ん坊は、しょっちゅう眠っている。

耐性がついてくると、眠る時間は減り、同時に精神は忘却に落ち込んでいく。

あなたが、「身体に宿って何をしているのか、何をしようとしているのか」を思い出すと、魂はあまり身体から抜け出さなくなる。

目的と理由があって、身体に宿ったことが分かるからだ。

大いなる智恵を持っている者は、あまり眠る必要がない。

ニール

すると、眠る時間で、その人の進歩レベルが分かるのですか?

 神

大体は分かる。

身体で何をしているかに目覚めた人ほど、身体と共に長くいられる。
だから、眠りが少なくてすむ。

(『神との対話3』から)


神との対話 生活の目次に戻る