自慰は悪いことではない

 神   タントラの行者は、自慰を奨励した。

ニール  なぜ、ぎょっとさせることをおっしゃるのですか?

 神

ぎょっとするかは、それぞれが決める事だ。

自慰をもち出したのは、大きな事を説明するためだ。

それは、「自分に喜びを与えなさい、そうすれば人にも喜びを与えられる」という事だ。

タントラの行者は、飢えた心でセックスをすると、パートナーとの喜ばしい合一をする能力が大幅に低下することを知っている。

だからタントラの恋人たちは、セックスの前に自慰をする事がある。
お互いの前でする事も多い。

そして飢えがおさまったところで、長時間の合一をする。

ニール

まさかセックスのマニュアルになるとは思いませんでしたよ。

 神

そうじゃないさ。

だが、それも悪くないな。セックスは素晴らしい愛の表現方法だからね。

(『神との対話2』から)


神との対話  性・セックスの目次に戻る