子供たちに、セックスを恥やタブーだと
思わせるのはやめましょう

ニール

子供がいくつになったら、セクシュアリティについて本当の事を教えてもいいのでしょうか?

 神

子供は生まれてすぐに、自分がセクシュアルな存在だと気づいているよ。
つまり、「自分は人間だ」という事に。

なのに親達は、気づかせまいとする。

12~17歳頃に、大抵の親は「もう自分のセクシュアルな部分に気付いて、それを使ってもいいよ」と伝える。

だが、もう取り返しがつかなくなっている。

子供たちはずっと、「性器は恥じるべきものだ」と教えられてきており、全く準備が出来ていない状態で、激動の思春期を迎える。

そのために、激しい衝動に不器用な反応しかできない。

開かれた社会では、子供たちがセクシュアリティに気付いても、叱られたり矯正されたりしない。

両親も、セクシュアリティを隠したりはしない。

子供たちは、親や兄弟の裸体をごく自然に目にする。
性器は、自然ですばらしいものとして扱われる。

社会によっては、子供の前で堂々と親がむつみ合う。

性的表現の美しさ、素晴らしさを、これほど上手に伝える方法はない。

こういう社会には、性犯罪はほとんど存在しない。

あなた方の社会は、性の抑圧をやめるための行動を起こすべきだ。

ニール  では、どうすればいいのですか?

 神

セックスを、恥やタブーだと思わせるのはやめなさい。

子供たちに、抱き合いやさしく愛撫しあう姿を見せてやりなさい。

愛を肉体的に表現する事は、自然で素晴らしい事なのだと、教えてやりなさい。

子供たちがセクシュアルな事に好奇心を持ち始めたら、その事に喜びや誇りを持てるようにしてやりなさい。

自分の肉体を子供の目から隠すのも、やめなさい。

キャンプ先の池や、庭のプールで裸で泳ぐのは、いっこうに構わない。

親が素直に自分の姿を見せれば、子供たちは「自分もいつかはそうなるのだ」と思う。

子供たちとセックスについて話したり、笑ったりしなさい。

ニール  どうすれば、そういう親になれますか?

 神

何よりも、お互いを男と女として再発見しなさい。

自分のセクシュアリティを再発見して、楽しみなさい。

そうすれば、子供たちにもその歓びを認め、励ましてやれる。

(『神との対話2』から)


神との対話  性・セックスの目次に戻る