死は存在しない、新しいかたちに変化するだけだ

ニール  生命の始まりは、身体が子宮から出た時ですか?
     それとも受胎した時ですか?

 神

生命に始まりはない。なぜなら、終わりがないから。

生命はただ存在し、新しいかたちを創造する。

新しい魂など、一つもない。

『存在するすべて』の一部が変化して、「新しい違った部分」に見えるだけだ。

ニール  では、魂はいつ、身体に宿るのですか?

 神

魂が身体に宿るのではない。
「身体が、魂に包まれる」のだ。

死は存在しない。
生命は、新しいかたちに変化するだけだ。

生命には終わりがない。したがって、始まりもない。

(『神との対話3』から)


神との対話  死・死後の目次に戻る