死後には、生前に行った選択・決断の、結果を体験する

ニール  私たちが行う事の「償いの時」は、あるのですか?

 神

償いの機会は、死と同時にやってくる。

死後は、終わったばかりの人生を、関係したすべての人の立場で、もう一度味わう。

そして、「自分も他の人も一体なのだ」と、体験的に知るのだよ。

その時に、『すべては一体である』という事が、概念ではなく体験になる。

ニール  それは、地獄の体験じゃないですか。

 神

これは「裁き」ではなく、「成長」だよ。

死後は、自分の選択と決断の影響や、結果や帰結のすべてを体験する。

これは、『進化のプロセス』なのだ。

ニール  やっぱり苦痛ですよ。

 神

苦痛ではなく、「気づき」を経験するだけだ。これは、悟りだよ。

ニール  人に与えた苦しみの「仕返し」は、ないのですか?

 神

神は、仕返しには関心が無い。

私が関心を持っているのは、あなた方を前進させる事だけだ。

あなた方のたどっている道は、『進化の道』なのだ。

(『神との友情・上巻』から)


神との対話 死・死後の目次に戻る