宗教は忘れましょう  聖なる自分自身を信じなさい

ニール  神のもとへ戻るには、宗教に戻るべきですか?

 神   霊性に戻りなさい。宗教は忘れなさい。

ニール  どうして、「宗教は忘れろ」とおっしゃるのですか?

 神

なぜなら、あなた方のためにならないから。

組織的宗教が成功するためには、「宗教が必要だ」と思わせなければならない。

そのためには、あなた方に、自分自身への信頼を失わせなければならない。

組織的宗教の第1の仕事は、「あなた方に、自分自身への信頼を失わせる事」なのだ。

第2の仕事は、「あなたにはない解答を持っている」と、思わせる事だ。

第3の仕事は、「その解答を、何の疑問もなしに受け入れさせる事」だ。

もし疑問を持てば、あなた方は考え始め、自らの内なる源へと戻っていく。

あなた方は自分自身を疑うと、まもなく私の存在すら疑うようになる。

直感を信じて生きていれば、私の存在をただ直感していただろう!

宗教は分裂を創り出す。それこそ、神の対極だ。

宗教は、神と人を分け、人と人を分け、男と女を分ける。

いいかね。あなた方は、全員が聖職者なのだ。

あなた方は神をかたどって、神に似せて創られた。

聖なる自分自身を信じなさい。光の使者になりなさい。

(『神との対話2』から)


神との対話 宗教の目次に戻る