神が特定の人々だけを愛するという教義は、フィクションだ

 神

あなた方は、「神は、すべてを平等に愛する」という考えに耐えられない。

だから、「神は特定の理由で、特定の人々だけを愛する」というフィクションを創り出した。

そのフィクションを、あなた方は『宗教』と呼ぶ。

だが、「神は、誰かを特別に愛する」と考えるのは、冒とくだ。

ニール  待って下さいよ! 神がこんな事を言うなんて!

 神

いいかね。

あなた方は、自分の不安を正当化し、狂気の行動を合理化するために、神の言葉をねじ曲げてきた。

あなた方は、神の名においてお互いを制約し、傷つけ殺し合う。

私の名を振りかざし、神の旗を掲げて戦場に赴いてきた。

あなた方は、「神の愛は、無条件で無制限だ」という真実を認めない。

それを認めたら、宗教も政治も社会も、全てが壊れてしまうからだ。

あなた方は、「疎外」を基にして、文化を創り出した。

だが真実は、『神の王国にはすべてが招かれる』。

この真実を、あなた方は冒とくと言う。

言わずにはいられないのだ。
この真実を認めたら、創り上げてきたものが全て間違いになるからだ。

(『神との対話3』から)


神との対話 宗教の目次に戻る