転生を否定する宗教の不条理さ

ニール

「輪廻転生はインチキな教義であり、人生は一度きりだ」と言う、宗教もありますね。

 神  それは正しくない。

ニール

こんなに重要なことを、どうして間違えるのでしょうか?

 神

まず、『不安を利用した宗教が、たくさんある事』を、理解しなくてはいけない。

ある宗教などは、「毎週日曜日に教会に通わなければ、神の罰を受ける」とさえ主張した。

これは不安を利用して、人々をコントロールしようという試みだ。

神の事を、「人間と同じように自分勝手で、復讐心が強い」と信じている限り、いつまでも地獄を信じ、地獄に落とす神を信じるだろう。

多くの人は、「人はもともと善であり、適切に行動する」と、信じられなかった。

だから自分を律するために、神は罰を与えるという宗教を創り出した。

輪廻転生という考え方は、「神は罰を与える」という教義を破綻させる。

ニール  どうして、破綻させるのですか?

 神

輪廻転生を説く者は、「この後にもチャンスはあるし、さらにその後にもチャンスはある。心配しなくていい。ベストを尽くせばいい。」と言った。

教会は危険を感じ、二つの行動に出た。

まず、「輪廻転生の教義は、異端だ」と否定した。

それから、『告解の秘蹟』を編み出した。

告解は、輪廻転生と同じ事を約束した。
つまり、もう一度チャンスを与えたのだ。

ニール

そうして『告解』、つまり「ざんげをしない限り、神の罰を受ける」という考え方が、出来上がったのですね。

 神

そうだ。

告解が良い切り札だと気づいた教会は、まもなく「告解をしないのは罪だ」と宣言した。

ところが、別の問題が生じた。

人々は、「ざんげさえすれば、何をしてもいいのだ」と考え、人々の心から不安と恐れが消えたのだ。

人々は教会に通わなくなり、年に一度『告解』をしに来るだけになった。

教会はもう一度、人々の心に不安と恐れを、叩き込まなければならなくなった。

そして、『煉獄』が考え出された。

ニール  煉獄ですか?

 神

そうだ。

この新しい教義で、「たとえざんげをしても、神はあなたを罰するのだ」と宣言した。

この教義では、神は魂のそれぞれに、犯した罪の数と種類に応じた罰を言い渡す。

「大罪」と「軽い罪」という考え方が生まれた。

こうして、また教会に通う人は増え、特に献金が増えた。

煉獄の教義には、「金を払えば、罪は許される」というものも、含まれていたからだ。

ニール  はあ…?

 神

大金を払えば、「免罪符」をもらう事ができる。

さらに、莫大な献金をすると「全免償」というものをもらえる。
これは、天国への直通切符だ。

一般の大衆は、金が無いので免罪符をもらえず、不満と恨みがつのった。

教会に通う者は、また減りそうになった。

ニール  今度は何をしたのですか?

 神

『九日間の祈りのロウソク』を考え出した。

教会に行って、「煉獄に居る魂」のためにロウソクをともし、九日間の祈りを捧げると、亡くなった愛する者の「刑期」を、何年か減らす事ができる。

より早く、煉獄から出られるわけだ。

ニール

驚いたな!
人々はそのからくりに、全然気づかなかったのですか?

 神  そうだ。

ニール

教会が、「輪廻転生は偽りだ」と宣言したのも当然ですね。

 神

私は、あなた方を創造した時に、一度の生涯しか送れないようには創らなかった。

一度の生涯は、必ず犯す間違いを犯しそれから最善を望むには、短すぎる。

輪廻転生は、私の目的にぴったりだ。

あなた方は度重なる生涯を通じて、私が宇宙に置いた沢山の意識ある被造物を通して、自分を創造し、経験する。

ニール  それでは、別の星にも生命体がある…。

 神

もちろん、あるとも。

私達は、進歩し「なりゆく者」だ。

真の自分について高い考えを創造し、そこに到達したとたんに、もっと高い考えを創り出す。

こうして、旅は永遠に続く。

(『神との対話3』から)


神との対話 宗教の目次に戻る