審判はない 地獄もない

 神   ヒトラーは、天国へ行ったのだよ。

ニール  どうして天国に行けるのですか?

 神

第一に、地獄というものが無いからだ。

彼が行けるのは、天国(神のもと)しかない。

本当の問題は、『ヒトラーの行動は悪か』という事だ。

「あなた方が死と呼ぶものは、実は最高の出来事だ」と言ったら、どうかな?

ニール  とても、そうは思えません。

 神

あなたは、地上の暮らしが天国よりも良いものだと思っているのか?

いいかね。
死の瞬間にあなたは、最大の自由・平安・喜び・愛を知るだろう。

ニール

でも、当人の意思に反して、この世の生を絶たれるべきじゃない。

私達は、何かを成し遂げ学ぶために、ここに来た。

 神

あなた方は、何かを学びにここに来たのではない。
人生は学校ではない。

ここでの目的は、学ぶ事ではなく、思い出す事だ。

(私たちは、魂のレベルではすべてを知っています。

 だから、大切なのは魂と繋がり、愛や真実を思い出す事
 なのです。)

死について、一緒に探ってみようか。

誰かが病気で亡くなったら、それは「間違っている」だろうか?

ニール  間違っていないでしょう。
     病死は自然なことですから。

 神   それでは、事故死は?

ニール  同じことです。
     悲劇でしょうが、それも神の意志です。

 神   では、神の意志を信じるのだね?

ニール  はい。

 神   だが、ヒトラーに関しては違うわけだ。

     あれは、神の意志ではなかった?

ニール

ええ。ヒトラーは神の意志を踏みにじったんですよ。

 神

私は全能なのに、どうしてそんな事が起こったのだろう?

ニール  それは、彼の行動を放置したからでしょう。

 神   私が放置したなら、それが私の意志だろう。

ニール

うーん、そのようですね…。

彼に自由な選択をさせる、それがあなたの意志だった。そうじゃないですか。

 神

誰もが、自由な選択をする事ができる。

私が望む選択をしなかったからといって、私はその人を罰したりはしない。

ニール

神に罰されるのではなく、単なる自然の法則ですよ。
因果(カルマ)の問題だ。

 神

あなたは神学の組み立て方を、実によく勉強したようだね。
責任を、私に負わさない工夫をしている。

だが、その自然の法則があるとしたら、創ったのは誰だろう?
私以外にあるだろうか?

どうして私は、あなた方が苦しむ可能性を残したりしたのか。

あなたの神学を合理化する唯一の方法は、私を無力な神にすることだ。

そこが分かっているのかな?

あなたは本当に、神がコントロールする力を持っていないと思っているのか?

ニール  もちろんあなたは、全てをコントロールできる。

     ただ、あなたはそうしないんだ。

     悪魔に私たちを誘惑させているのです。

 神   何のために?

ニール

私たちが自ら選択をして神のもとへ行くことを、望んでいらっしゃるからです。

あなたは天国と地獄を創りだし、選択をできるようになさった。

 神

どうしてそう考えるのか、よく分かるよ。

あなた方の世界を『相対的な世界』に創ったのは、私だ。

あなた方は、神の世界も同じだろうと考えている。

しかし、私のいる世界は『絶対の世界』で、すべてが愛である所だ。

全ては一つ、その認識と経験の世界だ。

ニール

それでは、私たちが地上で考え、言い、行った事の結果は、死後には何もないのですか?

 神

死後の絶対の世界にあるのは、平和と愛と喜びだけだ。

そこであなた方は、自分が愛であると知るだろう。

「自分は愛ではない」という思考は、外部の狂気の世界の産物で、それが狂気の行動に駆り立てる。

審判と非難、そういう外部の世界だ。

狂気の世界では、他者があなたに審判を下し、その審判に従ってあなたは自分に審判を下す。

だが、私は審判を下さない。

ニール

私たちが信じているのは、狂気の神学だとおっしゃるのですね。

だが報酬と懲罰のない神学なんて、あり得るのでしょうか?

 神

「人生はテストだ、試練だ」と考えれば、あなた方の神学は筋が通る。

だが、「人生は機会であり、自分に価値がある事を思い出すプロセスだ」と考えれば、筋が通らない。

「神は利己的で、目的のためには人殺しも辞さない」と考えれば、あなた方の神学は筋が通る。

だが、「神は何も必要とはしておらず、知識と愛の源である」と考えれば、筋が通らない。

いいかね。人生の目的は、神を喜ばせることではない。

自分とは何者であるかを知って、自分を再創造する事なのだよ。

自分を知り、自分を再創造すれば、神を喜ばせる事になるのだ。

ヒトラーの行動は、未発達な者の行動だ。

しかし過ちは罰するものではなく、修正するチャンス、発達するチャンスを与えるものなのだ。

ヒトラーの過ちは、死に至らしめた人々を何ら害することも、侵すこともなかった。

彼らの死を悼むのは、彼らの魂がどんな喜びへと分け入ったかを知らないからだ。

死を経験したら(死の経験をおぼえていたら)、誰も死を悼んだりはしないよ。

あなたは「殺された者は時ならぬ死をとげたのだから、その死は間違っている」と言うが、それは「宇宙では起こるべきでない事が、起こりうる」と言っているのと同じだ。

宇宙で起こる事はすべて、完璧に起こるべくして起こっている。

あなたが賛成できない事についても、完璧なのだと考えられるなら、悟りを開いた事になる。

(『神との対話2』から)


神との対話  宗教の目次に戻る