三つ目の神の姿勢 すべてを受け入れる
受け入れれば、変えられる

 神

「すべてを受け入れる」とは、目の前に現れたものを拒否せず、抱き取って愛することだ。

現れるものは自分が創造したものであり、それは自分自身なのだ。

だから、すべてを楽しみ、喜びなさい。

現れたものを変えたいと思うなら、別の方法で体験する事を選択しなさい。

内的な体験を変えればいい。外の世界は、あるがままでよろしい。
それが、マスターの生き方だ。

ニール  すると、賛成できないものも、受け入れるのですか?

 神

受け入れる事は、変化を拒否する事ではない。それどころか逆だ。

受け入れないものは、変えられない。

すべてを受け入れ、自分がその創造者だと宣言しなさい。

そうすれば、別の新しいものを創造する力を、認識できる。

ニール  悪魔も受け入れろ、と言うのですか?

 神

そうしなければ、悪魔を癒せないだろう?
受け入れないものを、どうして癒すことができる?

神は、すべてを受け入れる。私は例外をつくらない。

ニール

「すべてを受け入れる」というのは、「すべてを愛する」というのに、似ていますね。

 神

同じ事なのだ。愛と受容は入れ替えられる。

何かを変えようと思ったら、まずそれを受け入れなければならない。
何かを愛そうと思った時も、同じだ。

自分自身の中に否定している部分があれば、自分を全面的に愛することはできず、従って他人を全面的に愛することもできない。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る