神と友情を結ぶチャンスは誰にでもある
優劣をつけるのはやめなさい

 神

多くの人は、祈りを行って私に話しかけるが、私と話しはしない。

多くの人は「神よ、印をお与え下さい」と言うが、私が話しかけると、私を否定する。

言っておくが、私はあなた方に話しかけるのを、決してやめない。
対話に心を開いている限り、神と友情を結ぶチャンスはある。

そのチャンスを神に与える限り、あなたは必ず力を与えられるし、心の中に我が家を見い出せる。
これが、『神と友情を結ぶ』という事だ。

ニール  その友情は、誰にでも開かれているのですか?

 神   そうだ。無信仰の者にでも、開かれている。

ニール  では、神への「正しい道」は、無いのですね?

 神   まさしく、その通り。

     神への道は何千とあり、すべてが神に通じている。

ニール

それでは、「こっちの神のほうが優れている」という議論は必要ないのですね。

 神

そうだ。

だが、言わなくなるのかな? それが問題だ。

「自分の方が優れている」という考え方に、多くの者が魅せられている。
その考えのおかげで、人間を皆殺しにする事も、動物を虐殺する事も、正当化できるのだから。

「自分の方が優れている」という考え方が、あらゆる非人道的な行為の原因になってきた。

もう、「どっちが優れている」などと言うのはやめなさい。
これが、新しい福音だ。

選民はいない。
真の宗教も、天国への唯一の道も無い。

優越感は、分割と分断の考え方であり、そのためにあなた方は殺し合ってきた。
もう追放して、文化から消してしまいなさい。

『私たちは、すべて一体だ』というメッセージを、世界の隅々にまで広めなさい。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る