生存は保証されていると理解して、地獄を追放しなさい①

 神

「自分の方が優れている」という考え方が、あらゆる非人道的な行為の原因になってきた。

もう、「どっちが優れている」などと言うのはやめなさい。
これが『新しい福音』だ。

選民はいない。
真の宗教も、天国への唯一の道も無い。

この新しい福音によって、「生きるためには、しなければならない事がある」という、第二の危険な考え方も消える。

あなた方の生存は、保証されている。あなた方は常に存在する。

(あなた方は魂の存在であり、不死である)

死は、地平線にすぎない。

問題は、「生き延びるかどうか」ではなく、『何を経験するか』だ。

来世で何を経験するかは、今生で創造した事の反映にすぎない。
それぞれの瞬間が、次の瞬間を準備しているのだから。

必ず生き延びると分かれば、「誰が優れているか」など気にしなくなる。
そこでやっと、地獄から逃れる事ができる。

地獄を追放して、天国を迎え入れなさい。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る