世界に変化を起こすのは、あなただ

 神

『すべては充分にある』ことが理解できれば、『私たちはすべて一体である』ことを実践できる。

あなた方が必要だと思っているものは、何でも充分にある(すでに与えられている)。

時間も、金も、食糧も、愛も、必要なのは分かち合う事だけだ。

この真実を生きれば、貯めこみたいとは思わなくなる。

ニール  それでは、富は蓄えるべきではないのですか?

 神

「持つ」ことと、「蓄える」ことは違う。

『充分にある』という真実を知って初めて、良いものを簡単に持つ事ができるのだよ。

ニール

それは分かります!

「誰にでも行き渡るくらい充分にある」と分かった時、自分の分も充分にあると信じられ、手に入れられましたから。

でも、誰にでも行き渡るくらい充分には、見えませんね。

 神

見かけで判断してはいけない。

充分でない様に見えるのは、ごく僅かな人達が世界の富の大半を所有し、使用しているからだ。
こういう所有形態は、非常に不釣合いだ。

ニール  どうすれば、変化を起こせますか?

 神

答えは、「あなた」だ。
あなたが、変化を起こすことができる。

覚えておきなさい。
神との友情の第六ステップは、『神を助けること』だ。

あなたが神を助ける決心をすれば、あなたにとって良い事が起こる。

「人の心を変えるためにメッセージを伝える」と決意した時、あなたは重要な役割を演じることになる。

すべての霊性は結局、政治的なのだよ。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る