あなたは、肉体となった神の言葉だ
だから意識的に神になりなさい

ニール

あなたは、「人の心を変えるために、メッセージを伝えなさい」と言います。

しかし、あなたは以前に「しなければならない事は、何も無い」とおっしゃいましたよね?

 神

「メッセージを伝える」ことは、行為ではなく『存在』だ。

あなたは、メッセージで「在る」ことが出来るだけだ。

あなたは、自分の人生というかたちで、メッセージを伝える。

聖書には、「そして言葉は肉体になった」と書かれている。

ニール  そういう意味なのですか?

 神

そうだ。

あなたは、肉体となった「神の言葉」だ。

だから、神の言葉を語り、神の言葉を生き、神の言葉となりなさい。
一言で言えば、神になりなさい。

ニール  行き着くのは、そこなのですか。
     神になれとおっしゃるのですか?

 神   「なれ」ではなく、あなた方は元々が神なのだ。

     私は何も求めてはいない。

ニール

しかし、神のようにふるまおうとしたら、狂人だと思われます。

 神

あなたの言うのは、権力的で、支配的で、復讐心に満ちていて、罰を与える神だろう。

それは、本当の神のふるまいではない。

ニール

でも、「復讐するのは神だ」と、大昔におっしゃったではないですか。

 神   いや。そう言ったのは、あなた方だ。

     私は、そんな事は言わない。

ニール

それでは、「神のようにふるまう」というのは、『神の五つの姿勢』を実践する事なのですか?

 神

そうだ。
その姿勢は、行為ではなく『存在』だ。

意識的にその様な存在になれば、あなたは意図的に生き始める。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る