全面的な喜び②
喜びと悲しみは、同じエネルギーの段階の違いだ

 神

自分の事をあまり深刻に考えずに、気楽にしなさい。

人にもそうさせてやりなさい。

喜びが、すべてに先立つ。
喜びが無ければ、何も実現しない。

笑いは最高の薬だ。喜びは、魂に良い。

魂は、純粋な喜び、限度も制限もない喜びだ。

微笑みは魂への窓、笑いは魂への扉だ。

ニール

魂が喜びの存在なら、どうして人はあまり幸せに見えないのですか?

 神

すばらしい質問だ。

答えは、あなた方の精神にある。

喜びを解き放つには、『喜ぼうという精神』が必要なのだ。

魂の喜びは、心を通って精神に入る。

「魂の言葉」である感情は、精神を開いて表現しないと、心に滞留してしまう。

だから、悲しくてたまらない時には「心が張り裂けそうだ」と言うし、幸せでたまらない時には「心が爆発しそうだ」と言う。

ニール

魂が喜びの存在なら、どうして人は悲しくなったりするのでしょう?

 神

魂は『生命・愛・自由』の存在だが、それが制約されると、魂は充分に表現されなくなる。

「充分に表現されない喜び」、それが悲しみの感情だ。

ニール

混乱してきました。

本質的には喜びである魂が、悲しいなんて事があり得ますか?

 神

あなたは宇宙の性質を誤解している。

宇宙には、お互いにばらばらなものは何もない。

悲しみと喜びは、同じものの「程度の違い」なのだ。

ニール

すごい洞察ですね。

悲しみと喜びは、「同じエネルギーの、段階の違い」なのですね。

 神

そうだ。宇宙の力の、異なる表現なのだ。

だから、この二つの感情を「同時に体験する」ことがあるのだ。

ニール  ええ! 同時に体験した事があります。

 神

どちらも『生命エネルギー』なのだよ。

その流れを、あなた方は「悲しみ/喜び」と呼び分ける。

生命エネルギーは、コントロールできる。

だから、あなたは常に、悲しみを喜びへと「生命エネルギーの振動を速めて」変える事ができる。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る