二つ目の神の姿勢 全面的な愛①
全面的な愛とは、全力で人生のすべてを愛する事だ

ニール  一つ一つの生涯は、短くはかないです。

     それなのに、どうして充分に誰かを愛せますか。

 神

愛の経験は一時的だが、愛そのものは永遠だ。

あなたの今のパートナーであるナンシーとのセックスは、恒常的で終わりの無いものかな?

ニール  いいえ。断続的で、一時的です。

 神   だからと言って、意味がなくなるのかな?

ニール  いいえ。

 神

すると、ナンシーへの愛は永遠だが、愛の表現の一つは、一時的で短いのだね。

ニール

なるほど。どこへ向かっているかが、読めてきましたよ。

 神

愛の経験・表現は一時的だと知りながら、愛する時には「全力を挙げて」愛するのが、マスターだ。

全力を挙げて人生を愛すること。
すべての瞬間に人生が差し出すものを愛すること。

これが、神の第二の姿勢、『全面的な愛』だ。

ニール

この姿勢は、よく知っています。

「すべての人を、無条件に限りなく愛すること」です。

でも、無条件に限りなく愛するなんて、人間に出来ますか?

 神   マスターは、実行している。

ニール  私は、マスターではないです。

 神

あなたはマスターだよ! 誰もがマスターなのだ!

ただ、それを経験していないだけだ。

全面的な愛は、まったく自然な事だ。愛は自然なんだよ。

通常ではないが、自然なものだ。

すべての人を、すべてのものを愛する事は、あなた方の基本的な性質だ。

(『神との友情 下巻』から)


神との友情 下巻の目次に戻る