人生の出来事はすべて、あなたが選択をし、神がそれを可能にする

 神

神と真の友情を結ぶには、神の働きを理解する事が不可欠だ。

あなた方は、人生で起こる良い出来事は「チャンス」「幸運」「棚ボタ」などと言う。

ところが、悪い出来事は「神の御業」と言う。

そう思っていたら、私を恐れるのも無理はないね。

いいかな。
良い出来事も、「神の御業」なのだよ。偶然は無い。

ニール

私の人生では、沢山の転機やチャンスが与えられてきました。

 神

念のために聞くが、人生の状況をコントロールし、原因を創っているのは、誰かな?

ニール  私です。

 神   どうやって?

ニール  考え、言い、行う事によってです。

 神

よろしい。そこをはっきりさせておかないと、私があなたをコントロールしているという印象を持つ人も出かねない。

まずあなたが選択をし、私がそれを可能にする。

ニール

あなたは、私の選択をいつも実現して下さるのですか?

 神

そうだ。

あなたに道具を渡して、あなたが選択をした経験をできるようにしてやる。

その道具を使うかどうかは、あなた次第だ。

ニール

使うかどうかは、どうやって決めているのでしょうか?

 神  人生でなぜ、ある出来事が起こるのか。
    それにどこまで気づいているかで、決まる。

ニール

私はいつも、人々の意識を高める教師になりたかった。

これまでの人生は、その準備だった事が、今になってみるとよく分かります。

ですが、過去には何度も、あなたに腹が立ちましたよ。

自分にとって完璧な状況や出来事が与えられていると、知りませんでしたから。

 神  それは、珍しい事ではない。

    人生の何事に対しても、腹を立てない事だ。
    「すべては完璧だ」と思えばいい。

ニール

もっと前に分かっていたら、もっと良かったのですが。

 神  今は分かっている。それで充分ではないか。

(『神との友情・上巻』から抜粋)


神との友情 上巻の目次に戻る