自分たちは他の人間よりも優れている、
という思い込みは一番危険だ

 神

優越感は、世界に大きな苦痛をもたらしている。

「自分たちは、他の人間より優れている」という思い込みは、「自分たちが間違っているはずはない」という考えに変わりやすい。

「自分たちは、絶対に正しい」という意識は、他者の苦しみに鈍感になる。

「自分たちは、他の人間よりも優れている」という考え方は、無くした方がいい。

この考え方を捨てたら、その日に世界を変えられるよ。

「より優れている」と「正しい」の二つの言葉には繋がりがあり、この二つの言葉は、一番危険な言葉だ。

私は、どの国にもどの宗教にも特別の好意は持っていないし、一つの性や人種を他よりも優れていると言った事もない。

『私たちの道が優れているのではなく、これも一つの道にすぎない』

私はすべての人に、この「世界を癒す言葉」を発しなさいと呼びかける。

(『神との友情・上巻』から抜粋)


神との友情 上巻の目次に戻る