神と友情を結ぶには、新しい考え方が大切になる

 神

多くの人は私を、「友」ではなく「親」だと考えている。

「失敗を赦さない父親、過ちを赦さない父親」だと考えている。

そういう人たちは、「純粋な溢れる愛情を神に抱いていても、神の間違った名を口にしたり、間違ったことを考えたら、地獄に落とされて永遠に苦しむ」と思っている。

ニール

大勢の人がそんな風に考えているなんて、悲しいです。

 神   そうだ。だから『神との友情』を結ぶのだ。

ニール  神と友情を結ぶには、どうすればいいのですか?

 神

精神と心を変えることだ。それに勇気を持つ事だ。

今までとは違う、新しい考え方をしなくてはならない。

今まで教えられてきたのとは、正反対の考え方だ。

ニール

すると、「神への恐れの情」を捨てないといけないのですね。

 神

そうだ。

私は、あなたが考えた事・言った事・行動した事を、全て知っているし、それを批判したり罰した事は一度も無い。

(『神との友情・上巻』から抜粋)


神との友情 上巻の目次に戻る