日経平均株価とは 実は数字自体には何の意味もない

(『ニュースを読む技術』池上彰著から抜粋)

『日経平均株価』とは、そもそもどういうものなのか。

日経平均株価が1万円の数字をつけた時に、個々の株価を見ると、1万円の株価がついている会社はほとんどない。

日経平均株価は、単純な平均株価ではないのである。

日経平均株価は、海外では『日経225』と呼ばれている。

それは、一部上場企業から225社を選んで、その株価を対象に計算しているからである。

なぜ、225という中途半端な数字なのか?

実は、初めて計算を始めた1950年には、一部上場の企業は225社だった。

つまり、当初は全社の株価が対象だった。

その後、平均株価の計算は、1970年に日本経済新聞社が引き継ぎ、「日経平均株価」という名称に変わった。

さらに75年からは、アメリカのダウ・ジョーンズ社と提携をしたため、「日経ダウ平均株価」という名前になった。

85年に提携は解消されて、「日経平均株価」に戻った。

日経平均株価の計算方法を紹介しよう。

かつては、株式の1枚1枚に、50円、500円、5万円という額面が表記してあった。

ところが2001年10月に、この額面制度は廃止された。

そして、それまでの額面を「みなし額面」として、計算する事になった。

現在の計算式は、こうである。

各社の株価=50÷みなし額面×現在の株価

日経平均株価=225社の株価の合計÷除数

まず各社の株価を、50円の額面に換算し直す。

つまり、みなし額面が5万円であれば、株価を1000分の1に直す。

次に、こうして計算された225社の株価を合計して、それを除数という決められた数字で割る。

なぜ決められた数字で割るかというと、「調整をするため」である。

例えば、ある会社が1株を2株に分割したとする。

こうなると、この会社の株価は半分になるので、そのままでは日経平均株価は下がってしまう。

会社の業績に変化はないのに、日経平均株価が下がるとおかしいので、除数で割って調整をするのだ。

また、採用されている225社は、入れ替えもある。
入れ替えた場合も、除数で調整をする。

こうした調整をくり返した結果、当初は225だった除数は、30を割り込むまでに小さくなっている。

直近の除数の値は、日経新聞の朝刊に出ている。

こうやって見ると、日経平均株価の数字自体には、実は何の意味もないと分かる。

数字自体には意味はないので、過去との連続性を見て、昨日に比べて上がった下がったという「トレンドを見るもの」と考えてほしい。

日本では、『TOPIX(トピックス)』という数字も使われる。

これは「東証株価指数」のことで、一部上場株の値段の総額である。

全部の株の総額を出して、過去と比べるものである。

計算を始めた1968年1月4日を100として、計算を継続してきている。

(2013年8月9日に作成)


日本の問題の勉強 経済・輸出入 目次に戻る