安倍政権を見極める㉒ 政権を支える特異な人々⑭
逮捕された田母神俊雄

(『赤旗日曜版』2016年4月24日号から抜粋)

前回の都知事選(2014年2月)に出馬した田母神俊雄(元自衛隊の航空幕僚長)。

彼は、同知事選での公職選挙法違反(買収)で、東京地検特捜部に逮捕された。

「安倍首相には大ショックだ」と自民党・参院議員は言う。

特捜部によると、田母神容疑者は選挙後の14年3月に、選挙運動の報酬として現金200万円を、自衛隊出身で選対本部長だった島本順光(買収容疑で逮捕)に支払った。

2人は、共謀して選挙運動員5人に280万円を渡した疑いもある。

買収の原資は、「田母神としおの会」(資金管理団体)の5千万円の使途不明金と見られている。

田母神俊雄は、自衛隊・空幕長をしていた2008年10月に、先の日本の戦争について「侵略戦争だったというのは濡れ衣」とする論文を発表した。

これは村山談話に真っ向から挑戦するものとして批判を受け、同年10月に彼は更迭された。

彼は、安倍晋三や石原慎太郎らの支援を受けてきた。

2009年11月には、彼が防衛大の同期と開いた会合に、安倍が参加して挨拶している。

安倍はこの時、「この席でスピーチするのは政治家としてリスクが高いですが、田母神さんのためお話させていただきます」と切り出し、こう述べた。

「(第1次安倍政権での田母神の空幕長就任は)今から考えれば、
 安倍内閣らしい人事だった。

 偶然ではなく、必然だった。

 村山談話を歴史認識として正しいと自衛隊の諸君に教える
 のは、大変な間違いだと思う。

 日本は、こういう国にだけはなってはいけない。」

その後も、安倍と田母神の応援関係は続いた。

2012年11月の「安倍救国内閣の樹立! 国民総決起集会」などにおいて、田母神らは熱烈に安倍を応援した。

自民党・総裁選前の12年9月には、「安倍晋三 カフェ・スタートーク」で、安倍、田母神、稲田朋美(現在は自民党の政調会長)の3人が顔を揃えた。

そのトークでは、こんな会話で意気投合している。

田母神

「もともと憲法に、日本は悪い国だと書いてある。

 この憲法に基づいて進めるから、みな悪くなる。」

稲田

「憲法に書いてありますね。」

田母神

「ですから憲法改正が必要です。」

安倍

「こういう事を言うと、傲慢とか排他的な人間をつくると言われるが、まったく違う。」

(憲法に、日本が悪い国だとは書いてないです。

 ただ、日本が行った戦争についての反省があり、それを彼らは
 「日本は悪い国」と書いてあるように感じるのでしょう。)

自民党の元首相秘書は言う。

「そもそも安倍と田母神の2人は、思想的にはほとんど同じです。

 安倍は、自民党の中でも突出した右寄り路線。

 歴史認識でも改憲でも、従来の自民党ではない。

 その極右路線が、いま自民党の主流になり、政党としての
 劣化が進んでいる。

 (かつてあった)懐の深さは、いま党内のどこにもない。

 原発事故やアベノミクスで、保守政治が大事にしてきた
 国土と伝統が失われている。

 安倍政治がいよいよ限界にきたことを、示していると思う。」

青木理(ジャーナリスト)

「逮捕容疑が事実なら、田母神氏には見識と品格が欠けています。

 運動員に金をばらまいて選挙をやるのは常識外れで、
 品格に問題がある。

 こうした人物を「閣下」などと持ち上げてきた、右派の運動の
 ばかばかしさが、今回に露呈した。

 同氏を持ち上げてきた政治家や文化人は、反省して謝罪すべき
 でしょう。」

(2016年4月25日に作成)


日本の問題の勉強 政治 目次に戻る