安倍政権を見極める㉒ 政権を支える特異な人々⑰
日本会議の下部組織に参加した人の証言

(以下は、ハーバービジネス・オンライン
『草の根保守の蠢動』から抜粋)

日本会議が開催するイベントは、参加者の平均年齢は60代後半~70前後だ。

だが、イベントのスタッフは若い。

スーツ姿で黙々と作業をする彼らの中には、大学生にしか見えない男女もいる。

日本会議が裏方を担った2015年11月10日の「今こそ憲法改正を! 武道館一万人大会」では、スタッフの総数は100人前後だった。

そのうちの1人に、「君達は椛島さんとこの、日本青年協議会の人たちなの?」と問うと、「はい、そうです」と答えてくれた。

顔をのぞき込むと、泣きそうな顔をしている。
どうやら他言せぬように言い含められているらしい。

日本青年協議会と日本会議は、同じビルの同じフロアに本部がある。

日本青年協議会こそが、日本会議のコアである。

日本青年協議会は、どのようにして学生スタッフを集めているのだろうか。

同会は、「反憲学連」と「全日本学生文化会議」という学生組織を持っている。

「反憲学連」は、武装して左翼学生運動を襲撃する武闘派だが、1990年代以降は活動が確認されていない。

「全日本学生文化会議」は、読書会や勉強会を行う文教路線だが、活動は活発ではない。

となると、どうやって学生たちをオルグする(勧誘して構成員にする)のだろうか?

早瀬善彦(33歳)は、日本青年協議会のオルグの実態を告白する手記を発表している。

彼に会い、話を聞いた。

早瀬氏

「日本青年協議会とか全然、知らんかったんですよ。

 高校2年生ぐらいの時に、渡辺昇一とか谷沢永一の対談本
 みたいのを読み、感化というか染まっちゃったんです。

 『サピオ』とか『正論』とかを読んで、小林よしのりの
 『新・ゴーマニズム宣言』とかにハマッていきました。」

彼は大学受験に失敗し、浪人の道を選んだ。

彼が浪人生活をスタートさせた2001年4月は、小泉政権が誕生した時期だった。

早瀬氏

「生まれたばかりの小泉内閣に関して、保守論壇が一番こだわった
 のは靖国参拝でした。

 小泉さんが靖国に行くって言い出したんで。

 『小泉首相は8月15日に靖国に行くべきだ』との議論が
 白熱する中、『正論』に広告があったんです。

 小泉首相と一緒に靖国神社に参拝しよう、と。

 私はすぐに申し込んだのです。」

調べたところ、広告が掲載されていたのは『正論』2001年9月号の203ページだった。

イベント事務局の住所は、日本青年協議会および日本会議の本部の所在地である。

しかし、両団体の名前は出ていない。

早瀬氏

「でもね、小泉さんは結局、8月13日に参拝しちゃった。

 だから15日に行く意味は無くなったが、すでに親から金を
 出してもらっているし、同世代の友達も欲しかったし、
 行くことにしました。

 でも行ってみたら、学生は2~3人しかおらんのです。

 大人ばかりで、団体名をしつこく聞いたら『日本青年協議会』
 と名乗りました。」

この名前を聞いても、当時の早瀬少年は何も感じなかった。

その後、皆で靖国参拝した。

早瀬氏

「参拝が終わったあと、直会(打ち上げ)がありました。

 彼らがいつも使うセミナー・ハウスで。

 帰る時に、『関西にいるんだったら、僕達の仲間は関西でも
 サークル活動をしてるから、大学に受かったら参加すれば
 いいよ』と言われた。

 そのサークルが、『学生文化会議』だったんです。」

彼はその後、2002年4月に同志社大学に入学し、さっそく全日本学生文化会議の門を叩いた。

(上記のとおり、この団体は日本青年協議会の下部組織です)

早瀬氏

「最初に誘われたのは5月ぐらいで、『京都に来る天皇陛下を
 お迎えに行こう』という活動でした。

 (天皇の車が通る沿道には、日の丸の小旗を持った市民が
 集まるが)その時に言われたんです。

 『あの小旗の配布は、僕達がやってるんだよ』と。」

彼の証言は、これまで集めてきた元関係者たちの証言と一致する。

ほとんどの場合、小旗を配布しているのは日本会議/日本青年協議会である。

この後、早瀬氏はさまざまな合宿や勉強会に誘われ始めた。

輪読会で使用されたテキストは、小柳陽太郎の「教育から消えた『物を見る目、歴史を見る目』」だった。

早瀬氏

「情念ばかりなんですよ、言うことが。論理性が一切ない。

 で、連中はすぐに岡潔の話をする。
 でもあの人は、まずちゃんとした数学者としての思考がある
 から、情念だって言えるわけで。

 ちゃんとした本が読みたかったんですよ、トクビルとか。

 左翼を批判するのなら、ちゃんとマルクスも読みたかった。

 だから、『ここは変だな』と思い始めました。」

この輪読会の前後に、早瀬氏はとある幹部から「四先生の教え」を聞かされた。

「四先生」とは、谷口雅春、三島由紀夫、小田村寅二郎、葦津珍彦の4名だった。

彼が奇異に思ったのは、「これは、中に入った人にしか教えないんだけどね」との前置きがあった事だ。

「誰にも口外してはいけない」とも言われたという。

夏休みに入ると、大規模な合宿にも早瀬氏は誘われた。

講師は名越二荒之助や多久善郎だった。
多久は、日本青年協議会の理事長である。

早瀬氏

「話の内容は、『東南アジアの人々は日本に感謝している』
 とか、そんなんばっか。

 話の後は、反省会をするんです。
 それで、「内観」とかやらされる。

 瞑想みたいなことをして、自分自身を反芻しろと。

 その後、不思議な儀式が始まりました。

 神職の方が来て、神道の儀式をするんです。

 ヒトガタを作ってね、それに息吹きをさせられたり。」

この頃から、早瀬氏は「ああ、これは宗教なんだな」と気付くようになった。

彼はサークルから抜け出せないまま、秋に鹿児島での合宿にも参加した。

早瀬氏

「この合宿は、むちゃくちゃ参加者が多かった。
 長崎大学の人とか。」

日本会議/日本青年協議会の源は、1968年の長崎大学の正常化運動(右翼学生の運動)に遡る。

長崎大学は、いわば彼らの故郷だ。

早瀬氏

「今から思うと、参加者は皆、学生運動の2世・3世なんですよ。

 親に言われてしぶしぶ来ている者もいた。

 結局、彼らの人材の供給源は、2世・3世しかいない。

 僕みたいなパターンは異端なんでしょう。」

椛島有三の娘である椛島明実も、全日本学生文化会議に所属していた事が確認されている。

早瀬氏

「合宿に来ていた長崎大学の学生で1人、ソリの合わない奴が
 いたんです。

 そいつは『A級戦犯は無罪だと街頭演説したが、街の人から
 なんで無罪なの?と質問されて説明できなかった。ぜんぜん
 勉強が足りなかった。』という話を、自慢げにしたんです。

 街宣するなら勉強してからやれと指摘したら、『知識よりも
 大事なことがある!』と言い出したんです。」

早瀬氏は2003年1月にも、合宿に参加した。

今度の開催地は東京で、目黒区青葉台にある日本会議/日本青年協議会の本部にも案内された。

早瀬氏

「ここが日本会議で日本青年協議会だよって、説明を受けた。

 『日本青年協議会が、全部の事務をやってるんですね?』と
 聞いたら、『秘密だけどね』と言ってました。

 同じフロアで、仕切りも何もないです。」

この東京合宿で、早瀬氏はようやく同志と出会えた。

早瀬氏

「この時に初めて、早稲田のメンバーと会いました。
 『早稲田国史研』というサークルの人達です。

 全然カラーが違っていて、シュミットとかバークとか
 読んでいて、話が合う。

 彼らとしゃべっていたら、『ここは、生長の家でしょ?』と
 言ってきて。

 『宗教団体なんですか?』と聞いたら、『そうだよ』と。

 この合宿は明治神宮の近くで、毎朝5時に起こされて儀式を
 やるんですよ。

 で、早稲田の連中が『出なくていい』と言い、みんなで
 ボイコットしたんです。

 『こいつら気持ち悪いよな』って意気投合して、京都に帰って
 からも彼らと連絡を取り続けました。」

その後、早稲田のメンバーは、サークル部室に残されている古い資料を調べた。

早瀬氏

「そうしたら、『反憲学連』とか『高橋史朗の手記』とか
 『ニューソート研究会』の資料が出てきて。

 その資料を見た結果、『やっぱりカルトじゃん』となり、
 早稲田国史研は『ダミー・サークルでしかない』という理由で
 潰しちゃいました。」

早瀬氏は、大学2年になる頃には、さすがに全日本学生文化会議との距離を取り始めた。

人がいないため、同志社大学にあったサークルは自然消滅したという。

(※全日本学生文化会議は、その名で大学にサークルをつくる
 ことは少ない。

 変名を使って、各地の大学でサークルをつくっているらしい。)

早瀬氏

「結局、OBしか居ないんです。彼らの供給源って。

 昔に右翼学生運動していた連中の2世です。

 九州と東京には2世は多いが、関西には居ないんです。」

これは合理的な説明だ。

これまで調べたところでも、関西の大学で彼らの運動が盛んだった話は聞かない。

早瀬氏

「話の節々が、『学生運動を忘れられない奴らが、それを続けて
 いる』ってノリなんです。

 昔の『生長の家』の思想を核にしながら、「あの先輩は、
 左翼学生が多い時代に何々をした」という武勇伝ばかり。

 「中核派と戦って」とか「あの大学の自治会を奪った」とか。

 話が非常にみみっちい。日本をどうするかという話じゃない。」

嫌気がさしていた早瀬氏だが、最後に京都での合宿に参加した。

早瀬氏

「この合宿では、『常に天皇陛下がどう考えておられるかを考えながら、生活しろ』という話ばかりで、辟易しました。」

早瀬氏が見た内部文書には、次の裏カリキュラムが記載されていたという。

「1年目には、四先生の教えを徹底させる。

 2年目には、天皇信仰を徹底させる。

 3年目は総仕上げとして、谷口雅春の教えを植え付ける。」

このカリキュラム通りに、2年生になろうとする早瀬氏に「天皇信仰の徹底」をやり始めたのだ。

我慢の限界にきていた早瀬氏は、造反を決意した。

早瀬氏

「京大の農学部を出て、日本青年協議会に入った人がいたんです。

 その人が、天皇天皇とあまりにうるさいから、『天皇陛下が
 サリンを撒けと言ったら、皆さんはサリンを撒くんですか?』
 と尋ねたんです。

 そうしたら、頭を抱えて悩み出したんですよ。
 「うー」とか唸って。

 2時間ぐらい唸りながら考えている。
 僕は笑いながら見てました、アホだなあと。」

この爆弾発言は問題になり、彼はめでたく全日本学生文化会議から追放された。

早瀬氏

「本当に、カルトなんですよ。

 谷口雅春(生長の家の創始者)の名前は事あるごとに出るが、
 「内緒だよ」とか「他の人には言ってはいけない」と口止め
 される。

 彼らは正体を隠している。

 それに彼らは、本体の『生長の家』とは違う。(生長の家から
 脱退した者達である)
 だからなおさら正体が掴めない。」

早瀬氏のようにすっぱり抜けられない人は、ずるずると日本会議/日本青年協議会のスタッフとして活動していくのだろう。

(2016年5月16&18日に作成)


日本の問題の勉強 政治 目次に戻る