自民党は、TBSの報道に難癖をつけて、取材拒否をする
言論への弾圧に等しいと思う

(毎日新聞2013.7.11.から要約)

先日に、自民党がTBSの報道内容に不満を持ち、取材や番組出演を拒否する事件がありました。

翌日になって解除し、一応は収拾しましたが、権力とメディアの在り方において重大な事件です。

自民党が問題視したのは、6月26日のTV番組『NEWS23』です。

国会の与野党の攻防の末に、電気事業法の改正案などが廃案になった事に対しての、報道部分です。

改正案の成立に期待していた関係者が、「与党がもしかしたら、法案を通す気がなかったのかも。残念です。」と話しました。

自民党は、この発言の前後も含めて、「廃案の責任が与党にあると受け取れる」として、
公正さを欠いているとTBSに抗議しました。

自民党は、29日には『NEWS23』番組内での謝罪と訂正を求めます。

TBSは7月3日に、「番組全体はバランスがとれている。謝罪と訂正はしない。」と応えました。

このため自民党は、4日に取材拒否を発表します。

TBSは5日に、「指摘をうけた事を重く受け止める」との文書を提出しました。

自民党は、謝罪をしたと解釈して、取材拒否を解除しました。

TBSは、「謝罪と訂正をしたわけではない」と言っています。

自民党の行為は、行き過ぎです。

言論には言論で応じるのが、民主主義のルールです。

参院選の前に取材拒否をしたら、国民の知る権利を阻むことにもなります。

テレビ放送は、放送法によって政府の許認可事業になっています。

そのため、権力側が影響力をおよぼす事も可能になっている。

だからこそ、自民党は高圧的な態度ではなく、器量を示さなければならないのです。

○村本尚立のコメント

読めば分かると思いますが、完全にいちゃもんをつけている形です。

『世の中には、様々な意見の人がいるし、それでいいのだ。」という、基本的な認識がないですね。

「こんな幼稚な事を、よくやれるなあ」と思います。

自民党や安倍内閣は、大人げない態度をする事がとても多いです。
そこを、もっと国民は見る必要があります。

自民党だけだったら、あまりの幼稚さに皆が失望するはずですが、公明党がフォローするので、誤魔化せてしまうんですよね。

公明党のフォローの上手さには感心しますが、それによって自民党のダメな部分に国民が気付けないならば、大局的には良くない事です。


日本の問題の勉強 その他 目次に戻る