在日米軍の犯罪

(『毎日新聞2014年2月12日』から抜粋)

在日米軍の性犯罪で告訴された兵士のうち、禁錮刑を受けた者はわずかで、ほとんどが除隊や罰金で済んだ事が、米軍資料で判明した。

2005年から13年前半の間に、在日米軍の海軍兵士が告訴された性犯罪は、473件あった。

そのうち軍事法廷で審理されたのは116件だけで、収監されたのは68件のみだった。

残りは除隊や罰金で済まされていた。

空軍では、124件の性犯罪のうち、禁錮刑を受けたのは17件である。

米軍では、在日米軍に限らす性犯罪が多発しており、オバマ大統領やヘーゲル国防長官が2013年5月に士官学校の卒業式で性犯罪の撲滅を訴えたほどである。

(2022年10月2日に作成)


『日本の問題の勉強 日米同盟』 目次に戻る

『日本の問題の勉強』 トップページに戻る

『サイトのトップページ』に行く