未来の党と民主党の、どちらに投票するかで迷っています
(2012.12.7.)

衆院選が間近いですが、かなり各党のマニフェストも出尽くして、各党の立ち位置が判明してきました。

先日には、各党の党首がテレビで政策を述べる番組も見ました。

現時点での自分の感想、投票先を書こうと思います。

世論調査を見ると、私のようにまだ投票先を決めていない人が50%くらい居るのですね。
まだ、見極められませんよね。

マニフェストでいいなと思ったのは、民主党、未来の党、社民党、共産党です。

民主党は、実現可能な政策を出そうという気持ちが伝わってきます。
ただ、理念や理想という一番大事なものを、見失っている感もありますね。

未来の党は、卒原発について以外は、具体的なところにあまり切り込んでいません。
そこに不満があります。

卒原発についてはすばらしいの一言です。
一番いいなと思ったのは、東電の破産解体をして、一から作り直すとした点です。だいぶ切り込みましたよ。
核廃棄物についても、直接処分にちゃんと言及しています。

社民党と共産党は、いつもながら理念・政策はすばらしいのですが、新鮮味に欠けるんですよ。
他党と連携した方がいいのですが…。

各党首の政策論では、みんなの党の渡辺さん、新党日本の田中さん、民主党の野田さんが、良かったです。

みんなの党については、憲法改正など賛成できない部分があるのですが、政策のぶれの無さ、
渡辺さんの知識の豊富さと深さには、感服しますよ。

渡辺さんは、様々な分野への知識という点では、現在の政治家の中でもトップの一人だと思います。

新党日本は、あまりメディアに取り上げられていませんが、田中さんのオフィシャルサイトを見ると、「なるほど!」と思う事を言っています。

田中さんも、渡辺さんと並ぶ見識の持ち主だと思います。

田中さんは、「福島の30キロ圏内は人の住まないエリアにして、そこに核廃棄物の最終処分場を作るのが良い」と言っています。
すごく勇気と信念がないと言えない事ですよ。

私は『最終処分場を各都道府県に作って、公平に核廃棄物を分配処分をするのが良い』と思っていますが、田中さんの方法も立派なものだと思います。

しっかりと移住する人に補償をして、福島の人々の理解を得られるように説得して、田中さんの案を実現をさせたら、その人は歴史に名を残す大政治家になれますね。

最後に野田さんですが、野田さんの一番良いところは、泥をかぶるのを厭わない事です。
正直に言って、見識・知識・政策という点ではもう一つなのですが、根性があります。

この三人が現在の党首では、傑出していると思います。

未来の党の嘉田さんは、まだ国政に出た事がないからでしょうが、国政についての見識が浅いです。
でも、これは仕方ないし、私はマイナス要素だとは思いません。

嘉田さんの最大の問題点は、『将来に国会議員になる事を否定している』ことです。

現在は滋賀県知事をしているのだし、国政選挙に出ないのは理解できるのですが、「滋賀県知事の任期が満了したら、国政に打って出る」とはっきり言うのが、筋だと思いますよ。

党首の嘉田さんがきちんと「将来は国政に出る」と言えば、未来の党の支持率はかなり上がると思います。

現在は、未来の党に入れるか、民主党に入れるかで、迷っています。

新党日本もいいのですが、勢力が小さすぎるんですよね。

田中康夫さんは、今回の選挙で振るわなかったら、どこかの党に合流した方がいいです。
田中さんの実力なら、最初は無役でも、すぐに重要なポストに就けると思います。今のままだともったいないですよ。


日記 2012年10~12月 目次に戻る