安倍首相の靖国参拝について
安倍さんは墓穴を掘ったと思う 早期退陣が濃厚になった
(2013.12.27.)

昨日(12月26日)に、安倍首相は『靖国神社への参拝』を強行しました。

各国から強く批判され、すでに日本の国益が大きく損なわれた事が明らかになっています。

このニュースを知って、最初に私が感じた事は、
「なぜ今の時期に参拝する? アホな事をしたなあ。 安倍さんは自ら早期退陣への道を開いた、墓穴を掘った。」です。

日本が韓国や中国と揉めているのに、参拝をするなんて、最悪の選択だと思います。

安倍さんは、日本の国益を大きく損なう行為をしたし、この行いにより特定秘密保護法を強行採決して下がっている支持率は、さらに下がるでしょう。

私は「あえて自らを追い込む事をするなんて、彼は何を考えているのだろう?」と思い、
安倍さんの参拝後のコメントを注視しました。

そうしたところ、安倍さんは「これは不戦の誓いをする行為だ。中国や韓国への悪意はない。」と発言しました。

聞いていて、「この人は、本当に政治眼が無いんだなあ。外交というものが全く分かっていないじゃないか。」と、心底から呆れました。

外交というものは、『相手の考えている事を理解しようとすること』からスタートします。

安倍さんは、その基本を全く押さえずに、「こっちに悪意は無いのだから、あなた方はそれを理解しなさい」と主張しています。

こんな我儘で一人よがりのやり方は、誰からも理解されませんよ。

安倍さんはおそらく、「アメリカは理解してくれるだろう」と思っていたのでしょうが、
アメリカも強く非難しています。

アメリカが今まで、仲介やなだめ役をしていた事情を考えれば、当然の事です。

今回の出来事は、『安倍内閣に外交能力がまったく無いこと』を、明らかにしたと思います。

普通だったら、誰かが止めますよ。

公明党の山口代表は、怒りの表情で「安倍さんらは関係悪化を覚悟の上で、したのでしょう。
これから起きる摩擦は、自分たちで解決して下さい」と、さじを投げるようなコメントをしていました。

私はこれを見て、「この態度からすると、公明党に説明しないで参拝をしたのだな」と感じました。

今日(27日)の新聞を見ると、安倍さんは山口さんに参拝直前になって通達し、山口さんが「行かないでくれ」と頼んだのに強行した、と書いてあります。

山口さんは中国とのパイプを持っていて、これまで日中関係の改善に尽力してきた方です。
彼には、今回の参拝がどれだけ悪影響を及ぼすかが、よく分かっていたのでしょう。

私が「安倍さんは本当に愚かだな」と思うのは、

「こっちに悪意は無いのだから、向こうは理解してくれるはずだ。理解できないなら、
 相手の方に問題がある。」

 と、安倍さんが本気で信じているのが伝わってくるからです。

この理屈は、小学生レベルの発想ですよ。
まともな大人の思考では有り得ないような、幼稚な考え方です。

自分の立場や視点からだけではなく、相手の視点からも物事を考えるのが、大人の態度です。

相手の気持ちや歴史観を省みないで、「こっちはこう考えているんだ」と一方的に言い続けるのは、幼稚な証拠ですよ。

さらに言うと、今回の参拝は『安倍政権の発足からちょうど1年たった記念日』に行われました。

これは、「単なる私情での参拝」と言ってもいいのではないでしょうか。

自分の私情に基づいた参拝で、日本の国益を大悪化させるなんて、国民への侮辱です。

安倍さんは、自分の信念や信条を優先しすぎです。

国民との乖離が大きく、乖離だけで国益を損なっているレベルに到達しています。

『軌道修正しなければ、早期の退陣は間違いない』

こう感じていますよ。

ここからは、靖国参拝について、私の考えを述べます。

私は、靖国神社に何の思い入れも無いし、諸外国との関係が悪化するのを承知で参拝するのは愚かだと考えています。

率直に言って、『首相や閣僚は靖国参拝をしない方がいい』と考えます。

相手が絶対に怒ると分かっていて、さらに怒る理由に国際世論が賛同しているのに、
それでも参拝をするなんて、自殺行為に等しいですよ。

なぜこのシンプルな事が分からないのでしょうか。

日本が過去にした中国や韓国へのむごい行いを考えれば、相手に配慮をするのが当然です。

中国や韓国に配慮をする事を、「反日」とか「共産主義者」とか非難する人がいますが、
歴史の経緯を考えれば配慮は当然のことです。

自分の立場に置きかえて考えて下さい。

アメリカが広島と長崎に原爆を落としたことについて、投下を決断したトルーマン大統領や現場で投下した兵士たちを「英霊」といって礼賛したら、どう思いますか?

実際にアメリカはそういう態度を見せているので、私は怒っています。

私は、中国や韓国が怒るのは、もっともな事だと思います。
「私が同じ立場だったら、きっと怒るな」と、思いますよ。

最近は、「あれは侵略ではなく、自衛の戦いだった」とか「侵略の定義は定まっていない(だからあの戦争は侵略ではない)」とか言う人もいますが、さみしい考え方だと思います。

「そんな虚しい正当化をして、いったい何を得たいのですか? 『ここは神国であり、日本が行う事はすべて正しい』とでも言うのですか?」と感じてしまいます。

過去の侵略を正当化する人々からは、私は愛を感じません。

侵略を正当化する人々の理屈は、

「世界は戦いの場である」

「他の国も侵略をした事がある、日本だけではない」

「戦争は技術革新などの良い側面もある」

「強い国になる事が、正義である」

「日本による占領・植民地化は、その国を発展させた良い行いだった」

 といったものですが、発想が冷たいと思います。

考え方そのものも間違っていると思いますが、それ以前に「そんな考え方で生きていて、楽しいのだろうか?」との疑問を抱きます。

彼らは、「楽しいとかそういう事じゃない! 油断したら、攻め込まれて滅ぼされるんだぞ!」と主張すると思いますが、
そう考えて軍事力を高めたり、他国を威圧したりする方が、よほど危険だと思います。

大きな視点で見れば、靖国問題は『霊的な問題』だと思います。

私が学び信じている、『神との対話』などのスピリチュアルの世界では、

「世界の生命のすべては1つである」 「死は存在しない」 「あらゆる人生が尊い」

「戦争はすべて、『これは自衛のための戦いだ』と説明して行われる」

 といった事が説かれています。

こうした考えが普及・浸透すれば、靖国問題は自然消滅すると思います。

私は、戦没者だけを「英霊」といって褒め称えるのは、浅はかな考え方だと思います。
あらゆる人生が尊いのだし、江戸時代の人とか現代の人々だって同じに尊いのですよ。

戦没者たちに真の追悼の念を表したいならば、参拝するよりも、今の人々が幸福に生きられるように努力した方がいいです。

戦没者たちの想いは、「2度と戦争で亡くなる人が出ないようにして欲しい」というものでしょう。

これは共通認識としてあると思います。
だからこそ、安倍さんも参拝の時に「不戦の誓い」をしたわけです。

これが戦没者の願いなのだから、
『戦争の危険を避けるために、きちんと中国や韓国と対話する環境を整えること』こそが、
 真の追悼になるのは明らかです。

「世界の生命のすべては1つであり、万人に同じだけの価値がある」と理解すれば、
もっと中国や韓国などの意見にも耳を傾けるはずです。

もっと建設的な行動をするはずです。

安倍さんは、口では「不戦の誓い」とか「すべての戦没者を尊重する」と言っていますが、
自らの行動で示している事は正反対なのです。

私は、靖国神社に参拝したいとの気持ちは、いっさいありません。

「死は存在しない」「あらゆる生命は尊い」と信じているので、もっと他の事に自然に関心がいくからです。

とりあえず日本は、きちんと参拝した事を謝って、

「もう首相や閣僚は参拝しません。

 過去の侵略については、深く反省しています。 本当にすみませんでした。

 もっと良い関係を築けるように、どんどんと対話をしていきましょう。」

 と言いましょう。

日本人の中には、「謝るのはかっこ悪い、腰抜けに見られる」と思っている方もいるようですが、そうやってかっこ付けている方が本当は「みっともない」のです。

謝罪する事は、前向きな行動であり、むしろかっこ良い事なんですよ。

周りの人を見れば、すぐに分かると思います。
間違いをした時に、知らんぷりして誤魔化す人よりも、きちんと謝る人の方がステキじゃないですか。


日記 2013年10~12月 目次に戻る