麻生副総理の失言についての感想と助言
(2013.1.29.)

1月21日の会議で、麻生太郎・副総理が失言をしました。

野党から叩かれそうな気配ですが、内容をよく見ると、言っていることは頷けるものなんです。

まずその内容を、毎日新聞から書き出してみます。

○  死が近い末期の患者に投じる、高額な医療費についての、麻生太郎さんの発言。

麻生
「死にたいと思っても生かされると、かなわない。
 政府の金で(高額な医療を)やってもらうと思うと、
 ますます寝覚めが悪い。
 さっさと死ねるようにしてもらうなどしないと解決策はない。」

そして患者を「チューブの人間」と表現し、さらに次の発言をしました。

麻生
「私は、そういう事をしてもらう必要は無い。
 さっさと死ぬからと、(遺書に)書いて渡してある。」

どうでしょうか?

言い方が最悪なために、失言と認識されてしまうのですが、言っている内容には頷けるものがあると思いませんか。

私が思うに、麻生さんは相手を応援するつもりで「お前は駄目だ。もっと努力しろ。」などと言ってしまうタイプなのではないでしょうか。

『不器用かつ空気の読めない人だが、根は良い人』なのではないかと推察します。

麻生さんは失言癖があり、何度も問題になっているようです。
確かに私の記憶をたどっても、失言をして追及されている場面がいくつか思い浮かびます。

失言を繰り返すのは、麻生さんの性格的な欠点という部分も大きいのでしょうが、もしかすると忠告をしてくれる友人が居ないのかもしれません。

そこで私は、麻生さんへの友情として、「こんな風に発言すればいいんだよ」という模範例を示そうと思います。

麻生さん、ぜひ参考にしてみて下さい。

「末期の患者さんには、もう充分に生きたから苦しい思いをして
 までこれ以上生きる必要は感じない、という方も居られます。

 人には、死を選ぶ権利もあるのではないでしょうか。

 最近は、医療費が国の財政を圧迫しています。

 私がもし末期の患者となり、高額な医療費をかけて生かされ
 続けたら、申し訳ない気持ちでとても安眠できないでしょう。

 限られた国家予算の中から様々な分野に支出をしているの
 ですから、医療費の増大を防ぐ何らかの手立てが必要です。

 末期の患者さんが死を選ぶなら、それを認める事も必要なの
 ではないかと考えます。

 自力では生きられない人が、チューブなどで外部から措置を
 されて生きているケースがあります。

 私は、自分がそのようなかたちで生かされるのは望みません。
 延命措置を取らなくていいと、遺書に書いて家族に伝えて
 あります。」

このようにしっかりと丁寧な言葉で説明をすれば、「なるほど、麻生さんの言う事には深い洞察がある。患者が自らの意思で延命を行わないことについて、もっと理解を広げる必要があるのかもしれない。」と、皆も納得すると思います。

発言が与える印象をじっくりと考えてみると、「言葉の力って大きいのだなー。同じ意味でも、発言の仕方で全然違って聞こえるものなのだな。」と実感させられます。


日記 2013年1~3月 目次に戻る