武器貿易規制条約(ATT)が創られた、
世界平和への大きな一歩だ
(2013.4.9.)

今月の2日に、『武器貿易規制条約(ATT)』が国連で採択されました。

これは、通常兵器の貿易(国際的な取引)を制限・規制する条約です。

今回の採択で、人類史で初めて、「世界的な規模で、通常兵器の売買を規制する約束」が生まれました。

条約の詳細は、「世界情勢の勉強・世界的な事柄」にアップしましたので、興味のある方は見て下さい。

私は、これをずっと注視しており、昨年8月にも日記で取り上げました。

いやー、ついに採択されたのですね。

これで世界は大きく変わりますよ。

考えてみると、今まで通常兵器の国際取引が野放しになっていた事は、異常な事です。

平和な世界を創ろうと言っておきながら、ばんばん兵器を売り買いしていたのでは、何の前進もありません。

ここから先は、世界の通常武器輸出の50%以上を占めているアメリカ&ロシアが、どこまで本気で売買規制に取り組むかが、鍵になってきます。

ロシアはいつも、「アメリカが兵器を減らすなら、ロシアも減らす」と言うので、実際にはアメリカが本腰を入れて取り組むかが、とても大きいです。

オバマさんは乗り気なのですが、アメリカにはNRA(全米ライフル協会)を筆頭にした武器削減に反対する勢力がいます。

世界中の武器削減による平和を求める人々が力を合わせて、アメリカやロシアに忠告をしていく事が、とても大切です。

とりあえずアメリカの人々には、こう忠告します。

「アメリカの伝統などと言って、いつまで国内の武器流通を
 野放しにしているのですか。

 あなた方は世界の先端を行っていると思っているみたいですが、
 少なくとも平和についての意識では、世界で最も後進国です。

 もっとちゃんと考えて生きてください。」

日本は、この条約を採択するために、ずっと先頭で頑張ってきたそうです。
これは、誇っていい事ですよ!

これからも、世界で最大の被爆国として、核兵器や原発を筆頭にする「人類を不幸にする技術や製品」を、無くすように頑張っていきましょう(^-^)


日記 2013年4~6月 目次に戻る