脱原発で盛り上がる都知事選挙について
すばらしい流れだし、候補者の一本化が重要
(2014.1.21.)

先日に元首相の細川さんが、都知事選挙に立候補しました。

彼が『脱原発・即時に原発ゼロ』を打ち出したので、都知事選について、がぜん注目度が高まっています。

私は、脱原発と再生可能エネルギーへの移行を望んでいるので、大変に嬉しく思っています。

「ついに、ここまで脱原発が浸透・一般化したか!」と、感慨深く見つめているほどです。

すばらしい流れなのですが、少し心配な事があります。

それは、『このままでは、脱原発の票が割れてしまう』という事です。

脱原発については、先に立候補を表明していた宇都宮さんも強く掲げており、脱原発派は細川さんと2人が並立するかたちになっています。

これを心配する方がかなりいて、一本化をはかろうと努力しています。

私も興味深く見守っているのですが、いまだに一本化に成功していません。

そこで、私なりのアイディアをここに書こうと思います。

『脱原発の候補者は、宇都宮さんに絞るのが良い』と思います。

なぜかと言うと、宇都宮さんは前回の都知事選で2位になったという、実績があるからです。

普通に考えれば、1位の猪瀬さんが辞任したのだから、2位の宇都宮さんが後を継ぐのが自然ですよ。

でも、「細川さん、あなたは諦めなさい」とただ言っても、彼は納得しないでしょう。

そこで、宇都宮さんは「細川さんを副都知事にする」と約束し、さらに「脱原発についてはあなたに任せます」と依頼すればいいです。

2人の話を聞くと、宇都宮さんは「都政は脱原発だけではない」と言い、細川さんは「とにかく脱原発に注力したい」と言っています。

ですから、2人は提携をした上で、『役割分担』をすればいいのです。

細川さんの方が後からいきなり登場してきたのだし、ここは細川さんの方から、

「このままでは票が割れる。脱原発で一本化しよう。

 私が立候補を辞退するから、その代わりに副知事あたりにして、脱原発に尽力させて
 ほしい。

 あなたは、脱原発以外の政策に邁進して下さい。」

 と言いましょう。

このように言えば、宇都宮さんも納得するし、宇都宮さんは圧勝します。

もし私が彼らの立場だったら、これを相手に提案しますね。

少し前を振り返るなら、先の衆院選や参院選では、脱原発を望む人がたくさんいたのに、
政党や候補者が乱立して絞りきれず、票が割れて惨敗してしまいました。

この失敗を繰り返してはいけません。

宇都宮さんと細川さんは、面子を捨てて、未来を切り開くために提携をしましょう!


日記 2014年1~3月 目次に戻る