Jリーグの開幕戦 セレッソ大阪対サンフレッチェ広島を観た感想
(2014.3.15.)

先日にJリーグが開幕しましたが、開幕戦の1つである「セレッソ大阪対サンフレッチェ広島」をTV観戦しました。

私は基本的にサッカーは、スペインリーグ、チャンピオンズリーグ、日本代表戦しか観ません。

いつもならスルーする所なのですが、「フォルラン選手」がセレッソに加わったので、それに魅かれて観る事にしたのです。

私のような者をターゲットにしたのでしょうが、NHKが生放送を敢行し、他の試合も同時中継する熱の入れようで放送していました。

それを観ながら、「Jリーグが始まった当初は、これ位の(これ以上の)熱気でメディアは放送していたなあ…」とノスタルジーを感じましたね。

この試合を観たもう1つの理由は、「好カード」だったからです。

セレッソは若手に日本代表に入っている選手が何人もいるし、サンフレッチェは昨年に優勝したチームです。

素晴らしいサッカーが繰り広げられるのを期待したのですが、結果としては「煮え切らない試合」でした。

くわしく感想を書いていきます。

まず、「フォルランさんの活躍、特に柿谷さんとのコンビネーション」が、私が期待した事です。

しかし、フォルランさんと他の選手の連携はまだまだで、ボールがほとんどフォルランさんに渡らないのでした。

相手チームが警戒してマークをきつくしているのもあると思いますが、フォルランさんがボールにタッチ出来ない状況には失望しました。

セレッソの選手たちは、フォルランさんともっと話して、どういうパスを出せばいいのかとか、どこに動こうとしているのかを、聞いたほうがいいです。

セレッソの試合ぶりを観ていて感じたのは、「攻撃時にディフェンスラインの押し上げが遅い事」と「パス・ワークが安全パイすぎる事」です。

この2つのために、攻撃に迫力が無く、結果的には無得点に終わり、敗戦しました。

セレッソは、個々の能力は高いのですが(代表選手を3人も抱えている事でそれは証明されている)、それを活かしていません。

一言で言って、「消極的すぎ」です。

パスを後ろに戻しすぎているし、無意味なパスが多すぎる。

良いパスワークが出来ていない最大の理由は、ディフェンスラインの動きが緩慢だからです。
もっときびきび動かないと。

攻撃時になると、「ふうっ、少し休めるな」といった感じで、ディフェンス陣は動きを止めるのですが、勝っている場面ならともかく、同点や負けている状態でそれは怠慢ですよ。

あと気になったのは、柿谷さんのポストワークです。

彼はボールを受けると、ほぼ100%の確率でノートラップでパスを戻すのですが、前を向ける局面や、ボールを保持した方がいい瞬間もありました。

つまり、その場面で最適の選択ができていないです。

フォルランさんはポストプレイも上手いので、これからはフォルランさんにもポストプレイを担当してもらい、柿谷さんはフォルランさんの周りでボールをもらう動きをする事も大切だと思います。

セレッソについてはこの位にして、サンフレッチェに移りましょう。

実は私は、サンフレッチェの試合ぶりには、激怒しました。
これを話さずにはいられません。

サンフレッチェは、1点取ってリードをすると、そこからは守りに入り、『全員が自陣に深く引いて守る』という、非常に消極的なサッカーをしました。

これにより、この試合を詰まらないものに堕落させました。

「点を取ってリードしたら、全員で守備をして、とにかく失点を防ぐ」というのは、サッカーの定石の1つですが、基本的に中位~下位のチームが採る戦術です。

前年度の優勝チームで、良い選手をたくさん抱えているのに、あれはないですよ。

サンフレッチェの守り主体の戦い方には、「いい加減にしろよ、お前ら」と、怒りがふつふつと湧いてきました。

1対0で試合を終えて、選手や監督が満足そうな表情を浮かべているのを見た時に、怒りは頂点に達しました。

「お前らには、プライドが無いのか!?」と、忍耐の限界にきました。

私がもし、チェルシーのアブラモビッチさんのような、独裁的なオーナーとしてサンフレッチェに君臨していたら、試合後にすぐさまロッカールームに行き、森保監督に、

「ばかやろう! こんなひどい試合を観せて恥ずかしくないのか!

 これ以上こんな試合をするなら、お前はクビだ!」

 と、どなりつけますよ。

選手層が薄くて下位にいるチームや、カップ戦のような一発勝負のものならば、勝つ事だけを考えて試合をするのもOKです。

しかし、サンフレッチェはJリーグで上位の常連だし、これはリーグ戦です。

リーグ戦のおいては、強いチームは『面白いサッカーをする責任』があります。

「見応えのあるサッカーをして、お客さんを納得させ、観客動員に貢献する義務」があるのです。

ここの所が、サンフレッチェのスタッフには、ぜんぜん理解できていません。

ボランチの青山敏弘さんは、日本代表にも選ばれており、先日のニュージーランド戦では素晴らしいパスを配球していて、私は感心しました。

彼のパス・センスは、サンフレッチェの消極的なサッカーにより、全く活かされていませんでした。
もったいなさすぎです。

あと、佐藤寿人さんが太りすぎているのも、気になりました。

佐藤さんは、一瞬の抜け出しを得意にしている人だし、あれでは一瞬のスピードを失い、活躍できなくなると思います。

たぶん当たり負けをしないように筋肉を付けたのでしょうが、あれは付けすぎというか、逆効果だと思います。


日記 2014年1~3月 目次に戻る