東京新聞を今年から取り始めました
(2015.1.8.)

我が家は、これまで毎日新聞を取ってきました。

それに加えて、新たに今年の初めから、東京新聞も取り始めています。

その経緯と感想を、今日は書こうと思います。

もともと東日本大震災までは、日経新聞を取っていました。

一時期に株取引をしていたからで、取引をしなくなってからも惰性で取り続けていました。

それが、震災で福島原発が爆発し、放射能情報が重要な関心になると、日経新聞では
物足りなくなったのです。

日経新聞には原発や放射能の記事が少なく(経済に特化しているので仕方ないのですが)、業を煮やした私は「他の新聞に乗り換えよう」と決断しました。

家族に相談すると、全く異存はないとの事。

そこで図書館に行った時に、新聞を読み比べたのです。

各紙を読みながら原発・放射能の情報を探していくと、毎日新聞が最も熱心に扱っていました。

そこで、毎日新聞に切り換えました。 2011年の5月くらいだったと思います。

図書館で読み比べる経験をしてみると、各紙の論調や取り上げるネタがかなり違うのに
気付きました。

それ以来、定期的に(半年に1回くらいです)図書館で読み比べをするようになりました。

どうせ取るなら、最も良いと思える新聞にしたいじゃないですか。

だから、各紙の実力や論調を把握するために、定期的にチェックするようになったのです。

チェックする度に、「やっぱり毎日が一番いいなあ」と思ってきました。

毎日新聞は、世間では「中立の論調」とされているようですが、文章が落ち着いているし、どの問題についても冷静に分析している感じがあると思います。

冷静さを維持しつつ、政治に対しては厳しい指摘をきちんとしていました。

取り上げるテーマも、良いセンスをしています。

そこが私の気に入っている点でした。

ところが!

民主党政権の時には何の不満も持たなかったのですが、安倍政権になってからしばらくすると、毎日新聞の論調が徐々に生ぬるくなってきたのです。

特定秘密保護法案の時までは頑張っていたと思いますが、それ以降(2014年になってから)どうもぴりっとしません。

「何をしているんだ。安倍政権が暴走しているのに、この程度の取り上げ方や指摘しか
 できないのか。

 情けない、ふがいない、ああっもう!」

 と、だんだんとフラストレーションが溜まってきました。

記事から、気持ち(気迫)を感じないんですよ。

サッカーの日本代表・男子がたまに見せてしまう、「ダラダラとボールを蹴り続けて、
そのままぬる~い感じで行って、つまらない失点をして負けてしまう試合」。

あれに近い、奥歯に物がはさまり続けるような、不完全燃焼の空気があります。

昨年の11月になると、忍耐の限界に到達し、「毎日以外の新聞を検討しよう」と決断しました。

で、どうしようか考えたのですが、「地方新聞の9割は、集団的自衛権の行使に反対している」「東京新聞は、リベラル路線で頑張っている」との情報を、すでに耳にしていました。

だから、『地方紙、特に東京新聞を、チェックしてみよう」と決めました。

そして、いつもの通りに図書館に行った際に、各紙をチェックしつつ、地方紙もチェックしてみました。

地方紙を本格的にチェックしたのは、初めての体験です。

私の住む小田原は神奈川県なので、「神奈川新聞」はありましたが、残念ながら東京新聞はありませんでした。

神奈川新聞を見ると、どの日でも、1~2つは興味深い記事(毎日新聞には出ていないもので、世に知らしめたほうがいいと思える記事)があります。

でも、それ以外の記事はぱっとせず、私にはどうでもいい内容でした。

1~2つの記事のために取るのは、さすがに厳しい。

「やはり、東京新聞を試してみたいなあ」と思いました。

すると、ちょうど良いタイミングで、『東京新聞を1週間、無料でお試し』とのチラシがポストに入ったのです!

「きたか。 引き寄せの法則が働いたらしいぞ。

 よしっ、試してやるう!」と、私の心は燃え上がりました。

そうして試してみたところ、良いのです!!

嬉しくなりました。

へなへなのパンチでお茶をにごす最近の毎日新聞と違い、安倍政権に厳しいパンチを飛ばし続ける姿が、そこにはありました。

『権力や不正と闘う姿』が、そこにはありました。

「やるじゃないか、よしよし(^-^)

 ジャーナリズムは、こうでなくちゃ。」と、満足感で一杯です。

家族にも好評で、「毎日よりもいいね。こっちにしよう。」と言ってきます。

私も、「どちらかを選ぶなら、東京新聞だな」と思います。

ただし、東京新聞は地方紙なので、どうしても海外のニュースについては弱いんですよ。

私は海外についても深い関心を持っているので、東京新聞だけだと厳しいのです。

結局、家族と相談して、両方を取ることにしました。

我が家では、2紙を取るなんて初めてです。

新たな世界に突入です。

最近は、新聞をポストに取りに行く時に、ワクワクする感じが全然ありませんでした。

毎日新聞から気持ちが無くなったためです。

でも、東京新聞を取り始めたら、またワクワク感が戻ってきました。

しばらくは2紙を取りますが、その後どうなるかは分かりません。

朝日新聞は不祥事を受けて再生を目指しているようですが、その結果クオリティが上がれば、毎日から朝日に移行する可能性もあります。

新聞は、惰性で同じものを取り続けて、それで不満を持たない人も居ると思います。

でも、定期的な各紙の読み比べをお奨めします。

違う新聞に(より納得できる新聞に)替えると、かなり楽しめて、毎日が充実しますよ。


日記 2015年1~3月 目次に戻る