新国立競技場はもっとシンプルなものでいい
計画を見直そう
(2015.7.8.)

このところ、新しく建てられる国立競技場が話題になっています。

ずさんな計画により工費想定が2500億円!にも膨らんでしまい、設計がひどいために造れるかどうかすら怪しいのです。

確かテレビ番組で言っていたと思うのですが、設計者のハディド氏は自分の設計通りに造ると知らされた際、「えっ?! あれを本当に造っちゃうんですか!」と驚いたそうです。

デザインの審査委員長をした安藤忠雄さんは、雲行きが怪しくなったため、会議にも現れず取材も拒否して逃亡状態です。

プロジェクトに関わる人には、「もっと早く問題を指摘してくれれば、計画を見直せたのに」と言う人もいる。

しかし、昨年の時点(今までの競技場が壊される前)から、「今度の建設案はおかしい。大変な出費になる。現行の競技場を改修して使えば十分だ。」と言っている方々がいたんですよ。

その方々が署名を募っていたので、私は署名に参加しました。
だから、早くから問題をきちんと指摘している人がいたのを、完全に理解しています。

今の無謀な建設案を進めている人達は、無責任です。
色々と弁解していますが、失敗を認めるべきですよ。

ずさんな行政のツケを払うのは有権者なのですから、もっと声を上げて、デザインをもっとシンプルかつ安いものにしましょう。

今までの五輪で使われたメイン競技場は、おおむね500億円の予算でした。
ですから、今回もそのレベルでいいでしょう。

『500億円で収める』と決めて、それで出来るデザインの中から良いものを選びましょう。

1つの競技場に2500億円も使うなんて、異常ですよ。

現状の案だと、五輪までに完成が間に合うかすら危ういです。
専門家には「無理」という人もいる。

シンプルなデザインにすれば、最低でも五輪には間に合うし、ラグビーW杯にも間に合うかもしれない。

「計画を見直すと国際的な信用を失う」と言う人もいますが、そんな事にはならないと思う。

昨年のサッカー男子W杯では、競技場や施設で完成していない所があり、すごい問題視されました。でも、開幕したら皆が試合に夢中になり、どうでもいい感じになった。

率直に言って、五輪やW杯で一番問題なのは、『観客が集まらなかったり、観客が白けている場合』ですよ。

その事実を、私はソチ五輪の時に思い知らされました。

ソチでは、客席が埋まってないし、客はぜんぜん競技に集中してなかった。
あれは寂しかったですねー。 あれこそ失敗です。

だいたい、雪の無いソチで何で冬季五輪をやるの。
ロシアは雪がたくさんある所ばかりなのに、なぜ雪の無いソチを選ぶ?

日本の東京ならば、そして日本人のミーハー体質ならば、絶対に観客は集まり、盛り上がりますよ。

だから、会場がちゃちなものでも、大丈夫です。

五輪は成功するし、成功したら会場の事なんて皆が忘れます。

今日の東京新聞では、「このデザイン案だと、維持費が高くつくので、毎年20億円の赤字になる」と出ています。

そんな巨額の赤字を、毎年、国民に負担させていくつもりなのか!

建設案は、見直すしかない。
もっとシンプルでいい。 その方が、日本らしいと思う。

ここはどこだ? アメリカじゃないし、中国でもないし、ロシアでもない。
大仰なものを置いて映える土地柄じゃないよ。


日記 2015年7~9月 目次に戻る