なでしこジャパンの東アジアカップ、初戦の感想
(2015.8.2.)

東アジアカップが始まり、昨日になでしこジャパンは初戦となる「対北朝鮮」の試合をしました。

この試合では、まず開始前に嬉しい事がありました。

私の求めていた通りに、川村さんがキャプテンに抜擢されたのを知ったのです。

入場シーンでキャプテンマークを巻いている彼女を見て、「おおっ」と思いました。

私は彼女を「宮間さんの後継者になるべき人材、次期キャプテン候補」と見ており、チャンスを与えてあげてほしいと考えていました。

それが実現しました。
川村さんには、この機会を活かして精神的な成長を遂げて、なでしこを引っ張る存在になってほしい。

北朝鮮戦は、2対4での敗北となりました。

初めてA代表の試合に出る選手もいたし、ほとんどの選手が経験不足で「チャレンジなでしこ」と呼ばれる今回の代表では、この結果は仕方ないです。

あまり引きずらないでほしいですねー。

私が気になったのは、『選手の連係の悪さ』です。

初めて一緒にプレイする人もいただろうし、連係がいまいちなのも仕方ないのですが、もっとやれる気がするんですよね。

この試合では、選手の多くが自分のプレイに必死で、周りが見えてなかったです。

ピッチ全体を考えてプレイしている選手は、川村さんと上尾野辺さんだけだったと思う。

代表でプレイしたいならば、選手同士の距離感、どこのスペースが空いているか、どこにカバーリングするか等を、考えなければならないです。

選手達がピッチ全体の状況を把握できていれば、あのような崩れた陣形にはならなかったでしょう。

日本が嫌な形でカウンターを受けている事について、解説の方は「ボールの奪われ方が悪い」と説明しました。
私はそれに納得しつつも、「もしも攻撃の時に良い陣形ができていれば、ボールを奪われてもきちんと対応できるはずだ。一番の問題は、しょっちゅう陣形が乱れている事だ。」と思いました。

バランスが悪いんですよね。
ポジショニングをもっと皆が気にしないと。

活躍して目立ちたい(アピールしたい)気持ちは分かるけど、サッカーはチームスポーツなのであり、味方の動きを把握しておく必要があります。

味方のポジションを常に気にしていれば、あのような崩れた陣形にはならないです。

守備について言うと、ボランチの川村さんが前線に上がって不在になると、すごく危ない感じがありました。

彼女が後方にいる時は安定しているのですが、攻撃参加して後方から離れると一気に不安定になるのです。

この大会で結果を出したいならば、川村さんをCBかアンカーで使うのがベストだと思います。
現在のメンバーでは、彼女の守備力が傑出しています。

彼女は得点能力も高いのですが、前線に上がるのを封印して守備に専念させた方が、確実に勝率は上がると思う。

とはいえ、今大会は勝つのが最優先ではないと思うし、無理にそうする必要はないです。

メンバー入りした全員を使うのもアリだと思うし、初めて招集した選手を色んなポジションで試すのもいいでしょう。

佐々木監督の采配には今までも驚かされてきましたが、京川さんをSBで起用したのにはびっくりしましたねー。
京川さんが一番びっくりしたでしょう。

ペナルティエリア内でファウルをしてPKを与えてしまいましたが、慣れていないので仕方ないです。

上尾野辺さんは、最初はボランチで出て、途中から左サイドに移されましたが、左サイドの方が良い動きをしていました。

彼女は精度の高いパスを出せる人なので、もっとサイドで上下に動いてボールをもらい、センタリングを上げてほしいです。

若手の中では、増矢さんが良い動きを続けて、際立っていました。

彼女はなでしこリーグで好調を維持していましたが、それを代表でも見せていますね。

パスのセンス(パスを出すタイミング)を勉強していけば、もっと良い選手になれます。

日本の1失点目は、フリーキックからペナ内の選手に合わされました。

あの場面では、壁に川村さんと北原さんが加わってたんですよ。
最もヘディングが強く守備力のある2人が、ペナ内で守らないなんて。
あれは最悪の選択でした。

壁の高さを重視したのかもしれませんが、あの2人はペナ内に置くほうがいいと思う。
正直、この2人(特に川村さん)がペナ内にいないと、今のメンバーでは不安になるよ…。

試合を通して、セットプレイでどう守るかの約束事がはっきりしていませんでした。

あれは修正しないとまずいです。

日本の2点目(杉田さんの得点)は、凄いシュートでしたねえ。

男子顔負けの力強いもので、コースも最高でした。

北朝鮮はそれほど良いサッカーをしていなかったので、負けたのは残念です。

次の試合では、上記したように皆がポジショニングでもっと配慮して、なでしこらしいパスサッカーを見せてもらいたいです。


日記 2015年7~9月 目次に戻る