TPPが漂流している
もう消えていいよ、安らかに永眠しなさい
(2015.8.18.)

数々の問題が浮き彫りになり、反対派が増えているTPPですが、先日の政府代表たちの会合も不調に終わり、漂流の色を強めています。

傍から見ていると、「もうだめじゃね?」という心境の代表が増えているようだ。

私はTPPに全く魅力を感じておらず、成立してほしい気持ちは0%です。

だから、TPP草案にこう言おう。

もう消えていいよ。 安らかに永眠して下さい。

私が情けなく思うのは、「日本の国益を守れないなら、TPPから離脱する」と公約していた自民党が、 いつの間にか「何が何でもTPPを成立させよう」と態度をがらりと変えている事です。

彼らの根性なしぶりと、アメリカ追随を考えれば、予想できる展開ですが、あまりに情けない。

髪の毛を真っ白にするほど悩むくらいなら、さっさと見切りをつけて離脱しろよ、甘利大臣。

TPPの交渉は、いつの間にか『アメリカの主張を他国に押し付ける』ものになってしまった。

本来ならば、一番強いアメリカが折れなければならないのに。

そうして日本は、アメリカをたしなめて弱い国を守るのではなく、アメリカの腰巾着になっている様だ。
一応は仲裁役をしているように見せているが、動きを観察するとふらふらしているだけに思える。

何をやっているんだ、安倍政権よ。

アメリカの出すルールが酷いものなんだから、きちんと反対しようよ。

アメリカを相手にしてもちゃんと意見を貫く弱小国たちを見て、「日本よりもぜんぜん根性がある。えらいよ君達は。」と思います。

最近の報道では変わってきましたが、TPPについては当初は多くのメディアが「アメリカに付いていくしかない。アメリカ様に従うのだ。」という論調でした。

しかし、先日に新たな事実が発覚しましたけど、アメリカは『NSAを駆使して日本を盗聴しまくっているし、日本を属国に留めるために画策し続けてきた国』なんです。

その国を信じて付き従うなんて、バカですよ。

今では皆が理解していると思いますが、もしTPPが成立して日本がそれに参加したら、農業は死滅状態になります。

高級品は外国に売れるかもしれませんが、一般的な農産品や畜産品は一気にやられてしまうでしょう。

TPPについて、「美味しくて安心な食品は外国の富裕層に行くようになり、 日本の庶民は不味くて危険な食品を食べる事になる。儲かる農家は出てくるだろうけど、大多数の人にとってはメリットはない。」と言っている方がいました。

本当にそうなると思う。

すでに今、美味しい果物はどんどん中国などに輸出されるようになっている。
「農産品の輸出額が劇的に増えた」と政府は自慢しているが、見方を変えれば日本人が日本でできた美味しいものを食べられなくなってきたという事だ。

医薬品に著作権ついて、アメリカは自国に有利になるように、厳格なルールを敷こうとしている。

もしこれが通ったら、医療費の高騰など、生活の質が低下する可能性は高い。

率直に言って、もうアメリカの生活や社会に魅力がないんですよ。

戦後の日本はアメリカの豊かな生活ぶりに憧れましたが、もう今のアメリカは貧富の差が開きすぎて豊かに見えない。

「TPPに入って、アメリカ流の社会を築こう!」と誘われても、「アメリカ社会ってボロボロじゃん。あれは嫌だよ。」と思ってしまうんです。

もうアメリカには、リーダーになるだけの魅力がない。

どちらかというと、「危険で我儘な国だから、距離を取ろう」と思われている。
世界での評判は、中国やロシアと大差ない。

戦争を仕掛けたり、武器を売りまくったり、捕虜を虐待したり、盗聴をしまくったりと、良いイメージが全く無いです。

そんなアメリカの議会に行って、大はしゃぎで演説する安倍晋三さんは、痛々しかったなあ。

弱肉強食も、新自由主義も、お腹一杯です。

「競争して、勝ち組になろう。負け組になると、食べられちゃうよ。死に物狂いで頑張らないと。他人の事を考えては駄目、自分の事だけを考えよう。」 というスローガンは、強者が弱者から搾取するために方便だと、皆が見抜いています。

TPPは消えていいし、消えると思うのですが、TPPの会合で話し合われた事は、きちんと公開して検証しなければならない。

秘密裏に話し合いやがって。 どんな事を話したのか、我々には知る権利がある!

第二、第三のエドワード・スノーデンが現れて、TPPの内容を完全公開してほしい。

おそらくですが、とんでもない内容が発覚すると思う。


日記 2015年7~9月 目次に戻る