「憲法9条にノーベル平和賞を」の運動が、さらに進化している
(2016.2.4.)

『日本国憲法の第9条は世界の宝だから、ノーベル平和賞を受賞させて、褒め称えつつ守っていこう』との市民活動が、続けられています。

この運動について、私は深く感動し、いち早く賛同して署名しました。

その事は、2014年9月18日の日記に書きました。

残念ながら、まだ受賞には至っていません。

だが、運動は着実に進化している! それを昨日の東京新聞で知りました。

今日は、その進化ぶりを取り上げます。

(以下は、2016年2月3日の東京新聞から抜粋)

『憲法9条にノーベル平和賞を』の実行委員会は、今月2日に「181人の推薦人を集めた。賛同署名者は70万5千人を突破した」と発表しました。

推薦人の数は、昨年の84人の2倍以上となった。

衆参両院の国会議員73人や、国内外の大学教授ら108人が、名を連ねた。

実行委員会とは別に、ノーベル賞委員会に推薦しているケースもあり、実際の数はこれを上回る可能性があります。

活動代表者の1人である鷹巣直美さんは、「戦争をしない憲法9条を広めていくことは、
世界中の人にとって意味のあること。その主体は私たち1人1人で、皆がノーベル平和賞の候補者だ。」と呼びかけている。

実行委は、「安保関連法は戦争参加への道を開くもの」と考え、同法の廃止に向けて野党5党が選挙協力するように求める署名活動も続けている。

これまでに9700筆を集めています。

(抜粋はここまで)

14年9月の時点では、「憲法9条にノーベル平和賞を」への賛同署名者は40万人でした。

ですから、30万人も増えていますね。

私は上でリンクを貼った当時の日記で、「外国にも賛同する人は居るはず。外国人にも活動を知らせたほうがいい」と書きました。

それを実行して頂いているようで、東京新聞の記事からは運動が世界的に拡がっているのを感じる。

私たちの勝利は近いのではないでしょうか。

この様な地道な活動は、パッと見ると地味で無駄に思えるが、長期的には大きな成果を生むことが多い。
私は、こうした活動を続けている人々を、心から尊敬しています。

ここからは、少し霊的な話をします。

私は10代~20代の時期に、「なぜ私は、日本に生まれたのだろう」と真剣に考えていました。

世界には多様な国があり、日本よりも魅力的に思える国もある。
その中で、なぜ日本だったのか。

数年前に、『神との対話』などのスピリチュアルな本に出会い、「私は自ら選択して、今の日本に誕生した」と確信できた。

で、「なぜここを選んだ?」と改めて考察した結果、『憲法9条』にたどり着いた。

今の日本は、憲法9条により、特別な国になっている。

世界の最先端をいく、世界をリードできる可能性を持った、特別な国なのです。

私の魂は、そこに魅力を感じ、その素晴らしさを享受しつつ世界に広めることを、今世のテーマの1つに選んだようだ。

こう考えると、辻褄が合う感じがある。

憲法9条については、「世界の標準ではない。それを無くして、普通の国になろう。」との意見がある。

私は、この考え方は、貧しい考え方だと思う。

「普通の国」になって、どうする?

他国と違い、世界の先をいく分野があるからこそ、日本を誇れるのじゃないのか。

憲法9条の理念は、素晴らしい。

私の魂は、「戦争(武力・暴力)では真の解決はない」と知っており、私の心に一貫してそのメッセージを伝えてきた。

心の奥底から聞こえてくるそのメッセージは、1度もぶれた事はない。

私は、そのメッセージを信じてきたし、これからも信じていきます。


日記 2016年1~3月 目次に戻る