森友も加計も、安倍夫妻関与の決定打となる資料が出ましたね
(2017.5.18.)

ここ数日で、森友学園と加計学園の新たな資料が出て、安倍夫妻の関与(汚職)が確定しましたね。

森友については、前理事長の籠池氏が勇気ある情報公開を続けているので、もう安倍夫妻(特に妻の昭恵)が優遇措置をとるため動いた事がはっきりと分かる所まできてます。

大手メディアはなかなか「もう安倍夫妻の汚職は確定です」とは言わないが、森友問題では証拠は十分に揃ったと思う。

ここまで来て、まだ「森友への特別措置に安倍夫妻が関わったかは不明」とするのは、逆に不自然ですよ。

メディアは安倍夫妻の汚職疑惑について、「忖度」という言葉を好んで使用しているが、この行為は「汚職したのは忖度して動いた官僚だ」との誤った解答に導いてしまう危険性がある。

私は、はっきりと安倍夫妻が指示し、それによって森友でも加計でも役人が動いたと思ってますよ。

官僚は忖度もしただろうが、上司の指示や意思に基づいて行動したのです。

安倍夫妻や菅・官房長官らは、部下の官僚たちが独自に動いたように見せているが、非常に無責任かつ不誠実だと思う。

こんな態度を続けていたら、部下は誰も付いてこなくなり国政が全く機能しなくなる。
私は深刻な危機感を持ってます。

現に国政はむちゃくちゃになっている。

安倍政権の中枢は平気で嘘をつくため、国民から信用されなくなり、日本政府の重みがどんどん消滅していっている。

さらに安倍たちには法律を守る気がなく、自分の好きなように法律の解釈を変えるため、法体系そのものが壊れつつある。

安倍首相は、汚職した事とは別に、『嘘と我儘を連発して国政を失墜させた』という理由で、十分に退陣に値すると思います。

国政を、国民が信頼できるものに回復するために、一刻も早く安倍首相には辞職してもらいたい。

加計学園の獣医学部の新設については、2ヵ月くらい前からいかがわしいと報じられていたが、朝日新聞が文科省の内部資料を披露し、だいぶ真相が見えてきました。

私は朝日新聞の行動に盛大な拍手を送ります。

すばらしい情報公開です。

昨日は8枚の文書が公開されたのですが、内容を見ると文科省の官僚の誰かのメモに見える。

菅・官房長官は「出所不明で怪文書のたぐい」と黙殺しようとしたが、大事なのは『内容が本当かどうか』です。

書いてあることは具体的なもので、政治家の名前もたくさん出ているし、誰かが偽造したものには見えない。

本日の朝日新聞では、続報として日付のある文書も公開された。

これが本物だと確定したら、安倍首相の辞任は避けられないでしょう。
彼は国会で「加計学園に優遇をしていたら、当然私は責任をとります(首相を辞めます)」と言いましたから。

振り返ってみると、第一次安倍政権の時も「お友達ばかりを重用すること」が大問題となり、人事で批判を食らいまくり崩壊した。

安倍さんは、自らの問題点(自分と親しい者ばかりと付き合い、その人達ばかり重用して簡単に特別なはからいをしてしまう)を克服できなかった。

前回から上達したのは、嘘をつく事と、国民を不安に陥れて自分への支持を保たせるテクニックくらいじゃないかな。

彼の政策って、本質的な内容がないんですよね。
復古的な色彩があるので、それを支持する人が多少いるくらいです。

安倍政権は、もう終わった。

国民は、安倍首相とその側近たちが嘘をつき責任を転嫁する姿を嫌というほど見て、「これは駄目だ」と強く思うようになっています。

国民の多数が完全に失望し、不愉快な目で彼らを見る状況となったので、近いうちに別の人が首相になるでしょう。

安倍一強と言われるようになり、「東京オリンピックまで彼が首相なのではないか」と大手メディアが言う中、私は安倍政権には驕りを大手メディアには堕落を感じ、「そんなに簡単には進まない、進ませはしない」と思った。

現状には、大変に満足しております。

私は数年前に塚本幼稚園の教育を知った時、「なんという教育だ、こんな教育を幼児に施すなんて危険すぎる」と愕然としました。

で、その教育を推進する人はものすごくやばい人なのだろうと思った。

ところが森友問題で籠池理事長が表舞台に出てきたら、「根っこは悪い人じゃないな」と。

小ずるく立ち回るところがあり、教育理念は大きくピントがずれて100年くらい前のものに照準が合っていたが、「教育に対する熱意はあるな」と。

おそらく安倍晋三も、悪い奴じゃないのでしょう。

単純に首相の器ではなく、自らの境遇や生活環境のせいで政治理念が100年くらい前に照準が合っているのです。

彼が嘘をつきまくるのも、子供の頃に「出世や保身のために必要な嘘があります」とか「立派な嘘もあります」とか教えられたのだと思う。

また、周りの大人達(岸信介など)が嘘を沢山つく姿を見て、自然に吸収してしまったのだと思う。

そもそも岸信介は、満州を日本が支配していた時に、現地の高級官僚としてアヘン密売を仕切って私腹を肥やした人物です。

麻薬密売で資産を築いた岸=安倍ファミリーは、深い後ろ暗さを抱えており、真実を隠す(真実を避けようとする)習性があるのだと思います。

そんなファミリーを持ち上げる人々がいるから、日本の政治がおかしくなるのです。

政治は、クリーンで正直でなければなりません。

民進党や共産党は、自民党や公明党とは違う路線を進み、クリーンさと正直さを磨いていこう。
そうすれば自然に政策も磨かれるし、政権交代は実現します。


日記 2017年4~6月 目次に戻る