加計学園
前川・前事務次官の情報公開を高評価します
(2017.5.29.)

数日前に前川喜平さん(文科省の前事務次官)が、加計学園と安倍晋三の癒着と汚職について、記者会見を開いて重要な証言をしました。

ニュースで大きく取り上げられ、そこで会見のダイジェストを見ましたが、前川さんは誠実な説明・答弁をしていると感じました。

彼は、安倍政権が「怪文書だ」と言ってもみ消そうとした文科省の内部文書について、「これは本物だ」と証言した。

そして、自分が文科省の事務方のトップだった時に、実際に官邸から加計学園の獣医学部新設を認めるように圧力がかかった事を認めた。

これは、極めて重要な証言です。

彼は「行政がゆがめられた」「文書があるのに、無いというのはおかしい」「官邸の最高レベルが言っているという文字を見た時、それは安倍首相か菅官房長官のことだと思った」と述べた。

さらに「(かつて部下だった)文科省の幹部たちは、嘘を証言を強いられていて可哀相」とも述べた。

前川さんの語ったことは、とても説得力ある。

文科省がどのように考えていたかを明確に語り、すでにメディアに出回っていた文書についてもそれが何時のものか説明してくれた。

そして、「文科省は獣医学部の新設に反対したが、官邸主導の国家戦略特区の方針と言われて、押し切られてしまった」と悔恨の念を明らかにした。

「極めて薄弱な根拠の下で、加計学園の獣医学部新設が認められてしまった。
 自分が止めなければいけなかった、申し訳なく思う。」
こう素直に認めた事に、私は好意を持った。

前川さんについては、安倍官邸から指示されて読売新聞が「出会い系バーへ出入りしていた」とのスキャンダルを報じた。

安倍政権は、前川さんのスキャンダルを広めることで、彼の信頼を落として証言の重みを失わせようとしたのだ。

その行為自体が卑怯だが、何の疑問も持たずに権力から言われた通りに報じる読売新聞の信用度の低さも明らかになりましたね。

前川さんは記者会見で、出会い系バーに行った事を認めた上で、「女性の貧困問題を調査・勉強するためだった(性欲を満たすためではない)」と説明した。

なかなか苦しい答弁だったが、あり得ない話ではないよね。

遠山の金さんが身分を隠して情報収集や潜入捜査をしたように、現場で起きている事を自分が見に行くのは偉大な仕事をするには必要なことだ。

ぶっちゃけた話、役所の自室にいて部下からの報告を受けているだけでは、ほとんど現場の実態は把握できないと思う。

もう安倍政権は限界でしょ。

自分達の汚職を隠すために、部下たちに「文書はない」と嘘をつかせるなんて、悪質すぎる。

周りの人々みんなを悪の道に堕落させている状態です。

さらに「誰が文書を流した裏切り者なんだ」と犯罪者を探すようにして調べて、真実を国民に伝えようとする勇気ある人物を潰そうとする。

こんな状態じゃあ、皆やる気が無くなる。

安倍の周りでは、すでに『恐怖の独裁制』が敷かれてますね。

疑問を口にしたり、方針に逆らったりした者は、首を切られて排除される。

これじゃあ北朝鮮やトランプのアメリカと変わらないよ。

安倍政権を倒して、日本に民主主義を取り戻そう。

多様性のある平和主義の日本を取り戻そうよ。


日記 2017年4~6月 目次に戻る