明けましておめでとうございます
(2018.1.2.)

読者の皆様、明けましておめでとうございます。

もう2018年ですか。21世紀もだいぶ進んできましたね。

昨年は、出だしはやる気に満ちていたのですが、後半に入ると病発もあり失速してしまった。

まだ体調はいまいちで、近年になく身体が回復力に乏しい。

だから今年はのんびり行きます。

考えてみると、このウェブサイトを立ち上げた頃はページ数はわずかだし、誰も見ていない状態だったしで、とっても気楽でした。

それが数年経ち、ページによっては検索で上位に来るのを知ってからは、なにやらプレッシャーみたいなものを感じ始めた。

アクセス数とかチェックしてないし、細かい数字は知らないのですが、ジャズのページとか上位に来てるんですよね。

読んでくれる方が多いのは嬉しいけど、それが重荷になったのか、記事作成がだんだんやりづらくなってきてました。

重厚感のある文字数もかなりある、本格派のどえらい記事を書いてやろうなんて欲望が、いつの間にか出てました。

と同時に、書くのがストレスになってきて、楽しくなくなっていた。

これじゃあいかんと思ってたんですけど、そこから抜けられなくて。

それが病発で記事をあまり書かなくなったら、最初は「まずい」とか焦ってましたが、そのうち「更新が滞り、これで読者も離れただろう。また隠れ家的な立場に戻れたんじゃないか、しめしめ」なんて、すっきりした気分になってきた。

「この感じで書いてたよね、元々の俺は」と、自分を取り戻した心境です。

初心に還り、ワクワクしながら書いてたあの頃を復活させようと思います。

今年は楽しく書くのを目標にしようっと。

もしかしたら、「更新が全然ないじゃん、どうしたんだよ」なんて心配してた方もいるかもですね。

生きてますよ、ちゃんと。酸素を吸って、二酸化炭素を出してます。

ええ、生命の循環の一部として常時機能し、メシ食って便出したりもしてます。

私が思うに、人間は大いなる循環の一部として存在すれば十分なんです。

競争して一番になろうとか考えるから、苦しみが生まれるんですねー。

ウチの庭に生えてる雑草とか、木に遊びにくる野鳥とか、空を流れる雲とか観察してたら、彼らはマイペースにやってるもんね。
で、良い味だしてるし、美もある。

自然界の諸先輩方が示している本当の生き方みてると、「景気回復」とか「ビジネスチャンス」とか「生存競争」とか言ってる人々が、何にも分かってない見当外れの極地に見えるんですよね。

そろそろ肩の力を抜いて、全体を見渡し、お互いを大事にし合おうぜ。


日記 2018年1~3月 目次に戻る