韓国が凄い① 覆面歌王とノリノリ主婦(ソヒャン)
(2018.2.20&26~27.)

こんにちは。
今回と次回の日記では、韓国の素晴らしさを取り上げます。

韓国といえば、平昌オリンピックが始まりましたね。

観てるかって?
ええ、全くと言っていいほどに、観てません。

皆さん、勘違いされてませんか。

いまオリンピックの本番は、日本の東京で行われてるんですよ。

政治家や企業たちが、私腹を肥やすために狂奔・狂騒する『強欲オリンピック』。
これが東京で開催されている真っ最中です。

政治家や大企業は、名声やカネを貪欲に求めて、4年に1度のスペシャルな祭りと大宣伝して国民の目をくらまし、国民の富とエネルギーを強奪する競争をしてます。

これがオリンピックの最大の種目なんです。誰が金メダルを獲るのかなあ。

韓国で行われているのは、その『強欲オリンピック』が閉幕した後に、偽装として開かれるものに過ぎません。

それが、いまテレビ中継されてるものの正体です。

メダル獲って浮かれてる選手達や、それを報道して騒いでるメディアや、正体を見抜けずに観戦して一喜一憂してる人々は、「美味しいケーキを食べてる」と思ってるんでしょうけど。

そのケーキは、中身は大便とゲロが混ざったものの100倍臭く不味いものです。
外側は綺麗に飾り立てているけどね。

韓国も日本も、オリンピック後には深刻な不況や財政悪化に見舞われるでしょう。
ギリシャが財政破綻したのも、その一因はオリンピック開催でしたからね。

環境破壊も酷いものです。赤字垂れ流しの競技場がいくつも遺るでしょう。

私には、もうオリンピックの本当の姿が見えてしまいました。

色々と情報を入手し勉強していく中で、オリンピックという幻想から完全に抜け出すことに成功しました。
進化したのです。

思い返せば、中学生の時まではオリンピックを単純に楽しんでました。

それから色んな事を学び、色んな角度から物事を見れるようになって、オリンピックから徐々に距離をとり、ついに足を洗い完全に卒業したのです。

オリンピックについては、「もう使命を終えている、消えて無くなっていい」と考えてます。

この件は、別記事にまとめようと思ってます。

さて。本題に入りましょう

実は私、しばらく前に深く感動してしまったのです。

オリンピックには全く心が動かず、もはや参加選手達を「偽装工作に使われる、下級工作員」とまで感じてしまう私ですが、ある韓国番組を通して深い感動に出会ったのです。

我が家では、母が韓国ドラマのファンのために、「KNTV」という韓国のTV番組を専門に扱う有料チャンネルに加入しております。

私はほとんど見ないのですが、たまに面白そうな番組があると見ています。

そんな日々を送る中で、『覆面歌王』という歌番組を知りました。

これは、「プロの歌手が集まって(時にはミュージカル俳優やお笑いタレントも参加する)、誰が一番歌が上手いかを競うトーナメント形式のバトル番組」なんですが、参加者全員が『覆面をして正体を隠している』のです。

つまり、歌の優劣を決める番組なのですが、判定に参加者たちの肩書きが影響しない。
審査員たちは歌い手が誰か分からず、その結果として純粋な実力で勝負が決まる。

実際に、長いキャリアの人が若手に負ける事がしょっちゅうあります。

私がこの番組をみて驚いたのは、『歌手たちの実力が高いこと』と『判定を担う芸能人や一般客たちの耳が良いこと』です。

私が日本の歌番組を見ていて感じる不満は、下手な奴と上手い奴の扱い(評価)に差がないことなんですよ。
歌の実力よりも、その人の芸歴や今話題になってるかどうかで、拍手の量や褒め方が決まっている。

だから見てて、「こいつら音楽の事、全く分かってないんじゃないの?」と思ってしまう。
激しくイラついてしまうんです。

私は、父がミュージシャンだったし、自分もジャズ・ミュージシャンを目指した時期があるしで、音楽を聴けばすぐに本物かどうかが分かります。

25歳くらいまでは、皆がそういう能力を持っていると思っていたのですが、やがて「これは才能なんだな、皆が持つものじゃない」と気付きました。

要するに、自分の耳に絶対といっていいくらいの自信があるのですが、私の評価と多くの日本人の評価が一致しないので、基本的に強いストレスを感じてます。

で、覆面歌王。

これを見ていたら、私が「こっちの方が歌が上手い」とか「こっちの方が感動できる」と感じたほうが、ほぼ100%勝つのです。

見ていて、全然ストレスを感じません。

審査員の大半は、音楽好きの一般人なのだが、その耳の良さに感心しました。

聴きっぷりからして、音楽に入り込んでいるのが伝わってくる。

『覆面歌王』を見始めた当初は、自分が「こっちが上」と思ったほうが勝つのを見て、「おおっ、勝ったか。ナイス判断!」と喜ぶのがメインでした。

それが、5回くらい見ていたら「どの回も、歌の凄く上手い奴が1人は出てくる。韓国って、良い歌手が一杯いるんだな」と思い始めた。

10回を超える頃には、「マジかよ、日本よりも遥かに平均レベルが高い」を衝撃を受けました。

前述のとおり、歌手たちは覆面をしています。だから正体が分からない。

で、かなり歌が上手くて、準決勝あたりまでいった人が、覆面を外したらアイドル・グループのメンバーだったりするんですよ。

日本のアイドルと称する輩の歌の下手さを知ってるから、「嘘だろ…」と口をあんぐりと開けるしかなかった。

番組を見てて確信するようになってますが、韓国はボイス・トレーニングのノウハウが日本とは段違いですね。

ほぼ全員の発声がきちんと出来てる。基礎が出来てる。音程もほとんど外さない。

知らない日本人は全く知らないと思いますが、このところ韓国の芸能人の世界進出が著しい。

韓国の俳優やアイドルは、世界中にファンがいて、日本だけでなくアメリカや中国でもツアーやったりしてるんですよ。

その理由が、分かった気がしましたね。

だって歌も踊りも演技も、日本より段違いに上手いんだもの。

この分析・評価は、韓国をバカにして小さな自尊心を満足させている、慰安婦問題などでガタガタ文句を言っているケツの穴の小さい一部の日本人たちには、到底受け入れらないのでしょうね。
彼らは現実を見る事のできない人々だから。

私は自分の目や耳で感じて、「歌や芝居では現状、韓国が日本より数段上をいっている」と評価します。

『覆面歌王』を見てて感心したもう1つの点は、『負けた人が全く恥じたりせず、聴衆も敗者に温かい拍手を惜しまないこと』です。

負けた側が、非常に爽やかな態度なんですよ。

この番組のルールとして、負けた者は覆面をとり正体を明らかにしなければならない。
(勝者は覆面をとらず、次戦に進む)

で、最終的には1人しか勝たないから、それ以外は全員が覆面をとるのだが、何十年も歌ってきた人が負けて素顔を晒しても、本人も観客も平然としている。

むしろ観客は「怖気ずに出てきたのは偉いぞ」といった称賛する感じである。

その懐の深さに、「韓国人って凄くないか?!」と尊敬心が湧いた。

同時に驚くのは、ジャンルの垣根があまりなく、歌い手も聴き手も好みの幅が広いことだ。

色んなタイプの歌が取り上げられるし、それを観客が楽しんでいる。

カラオケが盛んだというのも影響していると思うが、多くの人が沢山の曲を知っている。

日本だと世代間で好みや知ってる曲に断絶があるけど(それが悪い事だとは思わないけどね)、韓国はそこまで断絶がない感じ。

音楽界全体として、日本よりも韓国のほうが勢いや奥行きがあり、ビジネスとしても成功している。

ミュージシャン達に勉強熱心さを感じるし、ジャンルを越えた交流もけっこうあるみたいだ。

そんなわけで、環境的に充実しているから、自然に良い歌手が育ってくる。

『覆面歌王』を見ていて、「この人、日本だったらトップに登れるな」と思う歌手に何人も出会った。

芸術について辛口の私でも「やるじゃねえか!」と拍手を送る歌手が5人ほど登場し、そのほとんどが優勝して歌王の座についた。

だが、ここまでだったら、記事にするほどではなかった。

「韓国って、日本よりレベルが高いじゃないか」と感心し、違いを生み出すミソは育成環境(発声法などのボイス・トレーニング)にあると見抜き育成システムに興味津々となったが、記事にするほどではなかった。

それが『ノリノリ主婦』という超人が現れて、全てを変えてしまったのだ。

圧倒的な歌唱を目にし耳にし、録画してあったので何度も見返したところ、「これは別格だ。多くの日本人に知ってもらいたい。日記で取り上げよう」と決意せざるを得なくなった。

ノリノリ主婦とは何なのか。

『覆面歌王』では、すでに説明したとおり、歌手全員が覆面を着けて現れる。
で、司会者は歌手たちを紹介するのに名前ではアナウンスできないから、覆面のデザインを基にそれぞれ綽名を付けて呼ぶのである。

私が番組を見始めてから半年以上経ったある日、覆面と服装のデザインからノリノリ主婦と綽名される女性歌手が現れた。

この歌手は、特筆できる長所をいくつも持っている。

さらに、短所をみつけるのが困難なくらいに完成度が高い。
天才的な声を持っているが、それだけでなく技術がしっかりと身に付いている。

正直、聴き込んでいくうちに「私が今世で出会った歌手の中でも、最高峰の1人だ」とまで思うようになった。

彼女の傑出した所を列記してみよう。

まず、発声に無理が全くなく、滑舌が素晴らしくて、どれほど弱音でも言葉がはっきりと聴こえるし、どれだけ高音や強音でも声が乱れず音程も狂わない。

発声の練習をものすごくした成果だと思うが、全ての言葉が前に出てはっきりした輪郭で歌われるし、とても音域が広いのにどの音高でも美しい響きを失わない。

さらに驚くのは、努力ではなかなか習得できないリズム感覚も抜群に優れていて、正確かつ自然な柔らかい身体の中から生まれるリズムを持っている。

ここまででも充分に凄いのだが、それに加えて声に高貴さや神聖さがあり、聴き手をひれ伏させるようなオーラがある。

そして声の伸びが素晴らしく、フルパワーでも声を完璧にコントロールして正確な音程を出せるのもあって、曲が盛り上がる場面では圧巻のダイナミックさだ。

私がこの記事を書こうと思ったのは、ノリノリ主婦が王座に就き、3度王座を防衛した時点(番組で4連覇した時点)だった。

そこまでに彼女が歌った中で、BoAの「アトランティスの少女」とチョン・ジュニルの「抱き締めて」が抜群の出来でした。

彼女の歌う「アトランティスの少女」を聴いた時、「なんてスウィングするんだろう、素晴らしいリズム感してる! それにこんなに可愛らしい響きの声、かつて聴いたことないぞ!」と完全にノックアウトされた。

審査員たちも指摘していたが、異次元の出来だった。
ホント、どこか別の星に連れていかれたみたいで、歌を聴いてこんな体験をしたことはなかった。

少し前にも書いたけど、彼女のリズム感は本物である。
リズム・マシーンが出すものや、それっぽく演ってる平凡なミュージシャンのものとは異なる。

私は出来るだけ多くの人に、この本物のビートを味わってほしいのです。

数えるほどの人しか出せない、極上のスウィングがここにはある。

「抱き締めて」も素晴らしかった。

この歌手が凄いのは、技術面で優れているだけではなく、曲の解釈でも非凡さを見せることだ。
聴いていて、彼女が紡ぐ物語にぐんぐんと入り込んでしまう。

この曲も「アトランティスの少女」もオリジナル・バージョンを聴いた事がないけど、おそらくそれを上回っているはず。
そう思えるほどに、ノリノリ主婦は自分の解釈で見事なストーリーを作り出しているのです。

(気になったので、キーボードを打つ手を止めて、ネットでオリジナルがどんな感じな
 のか調べてみた。

 するとBoAのバージョンは単なるポップスの消費物に過ぎなかったし、
 チョン・ジュニルはシンガーソングライターらしいが歌が下手だ。

 私の直感通り、ノリノリ主婦はオリジナルを遥かに凌駕する絶唱を披露しており、
 そこらにある素材を歴史に残るような上質の名曲に仕上げているのが判明した。)

上記の2曲を聴いた時点で、「この歌手は格が違う」と確信した。

で、日記で紹介しようと決めたが、当時は女子サッカーの記事を連載していて、それが予想の2倍の文量となってしまい長期化して、なかなかこの記事に着手できなかった。

最初の構想では、ノリノリ主婦が勝ち続けてる間に書きあげるつもりだったんですけどね。

勝ち続けている間は、その人は覆面を取らず正体を隠したままである。
私には正体の見当もつかなかった。

だから「誰だか分からないのだが、すんごい歌手が韓国にいる」とのコンセプトで、記事を書こうと考えていた。

ところが結局、この記事を書き始める前に彼女は敗れてしまい、すでに王座から降りて番組から去っている。

私としてはね、上記の2曲の出来だけでも十分に称賛し満足できた。

でも彼女は、敗退するまでにさらに2曲、私たちに素晴らしいプレゼントをくれた。

イ・ハイの「BREATHE」とパク・ヒョシンの「Home」を歌い、天才にしか表現できない形で、美を描いてくれた。

両曲ともすんごい出来なので、ぜひ聴いてほしい。

この2曲を聴いた時、私は気付いていなかったが、彼女に恋をしていた。

こんな歌手と同時代に生きてるなんて幸せだな、とまで思いましたよ。

上記した総数4曲は、どれも芸術そのものです。

すでにそれぞれを15回以上聴き直しているが、全く飽きがこないし、聴くたびに「凄げえわ…」と感嘆してしまう。

こんな歌姫がほしいよ、日本にも。

日本で歌姫的な扱いを受けている歌手は、私から見たらほとんどが「それなりの歌手」に過ぎない。
正直、「これが歌姫だと? 笑わせるなよー」と思う時すらありますよ。

聴いてて「うぎゃー参った」と感じるものがないと、私は歌姫と認めない。
CDの売上で記録を作ったとか、熱狂的なファンがいるとか、そんなの歌姫の条件じゃないからね。

ノリノリ主婦の歌唱力は、ワールドクラスだと思った。

世界の舞台で活躍できるレベルだと思ったが、後で知ったが実際にアメリカ等でコンサートを開いてるそうです。

気になるでしょ、その正体。

記事のタイトルにあるのでバレバレだけど、彼女の名はソヒャンという。

ソヒャンは結局、歌王の座を5度防衛し(番組で6連覇し)、最後に覆面のデザインから「MCハンバーガー」との綽名を付けられた男性歌手に負けた。

ちなみに、MCハンバーガーはパク・ジニョンの「僕から離れないで」を歌って王座に就いたのだが、それも最高の内容でした。

完璧なリズムを保ち声のコントロールも抜群で、ワクワクさせる楽しいアドリブを織り交ぜつつ、聴き手が自然に踊り出したり笑顔になるような、温かみのある円熟した躍動する熱唱だった。
これも要チェックですよ。

私はソヒャンの歌声をじっくりと堪能し分析した上で、『東アジアの歌姫』と認定することにしました。

アジアの歌姫と呼んでもいいのだが、アジアというとロシアや東南アジア諸国から中東諸国まで入ってしまうのでね。

あまりに広いし、私の知らない凄い歌手が一杯いると思うので、その中でトップとは言いづらい。

その一方、「韓国の歌姫」と呼んじゃうと、ちょっと遠くの出来事な感じで寂しい。

『東アジアの歌姫』とすれば、日本代表というニュアンスも出るから、彼女を身近に思えて気分が良い。

とりあえず、東アジアで最高の女性歌手の1人だと認定します。

芸術だよミューズだよ、彼女が歌い出した瞬間にその空間に美が生まれるんだもの。

私は、日本人だと花總まりがこのレベルになれる才能だとずっと思ってるんです。

私が生で耳にした最高の歌唱は、彼女が宝塚歌劇団にいた時代に歌った芝居ファントムでの「Home(私の夢が叶う場所)」と、退団してからコンサートで歌ったエリザベートからの「私だけに」です。

この2曲は、最高だったな。
聴いててあまりの美しさに奇跡だと思ったし、聴けたことを天に感謝したくらいだもの。

彼女がその曲を完全にものにし、迷いなく集中して歌う時は、ソヒャンに負けない表現となる。
でも、なかなかそのレベルで歌ってくれないんだよねー。

ソヒャンと花總まりを比べると、高貴さがある点は似ているし、声の線がやや細いのも似ている。

ただし、ソヒャンの方が歌い方が自然だし、声の伸びも声量も上。

私は、まりさんが宝塚に居た時から、「歌い方に不自然な部分がある。発声を改善したらもっと良くなるのに」と思ってきたんですよね。

手紙を書いた時に、この事をずばっ指摘した事もあったと思う。

宝塚歌劇団で行われている発声トレーニングに、ずっと疑問を持ってます。
皆がすごい練習量なのに、上手くなる人があまり居ないから。

劇団付きの歌指導者に良いトレーナーが居ないのは明らかで、役者達から先生なんて呼ばれているが大したことはない。

これ言うと、まり怒るんだろうなー。

宝塚時代の先生や先輩を凄く尊敬してるみたいだからね。

まあでも人間としては良い人でも、それと実力があるかは別だからね。
シビアに分析しないと先に進めないのも事実。

私は花總まりに、韓国で歌のレッスンを受けるのを奨めたい。

すぐ近くの国だからね、難しいことじゃないでしょ。

彼女が本当に上達したいと思っていたら、これ見たらやるでしょう。耳に痛い言葉かもしれないが、真実の響きがあると気付くと信じている。

ソヒャンが覆面歌王で披露したパク・ヒョシンの「Home」は、まりさんが理想する歌い方にかなり近いと思った。

あれ、凄く勉強になるよ、まり。

歌詞の内容、その解釈(歌い方)と、まりが追い求めているものがそこにある気がした。

やや話が脱線したな、戻さなくては。

ソヒャンに話を戻すと、彼女が敗れて覆面を取った時、私は「一つの恋が終わった」と気付かされたのです。

全く自覚がなかったのだが、彼女の歌に感動してるうちに、いつしか素顔を知らない謎めいた歌姫に、私は夢を見るようになっていた。

彼女の声って、母親的な要素もあり、聴いてると安心感を覚えるのです。

自分が5歳くらいのチビだった頃、いつもは忙しいしあまり温かい性格でもないので触れ合いをしてこない母親が、珍しく上機嫌でぎゅっと抱き締めてくれた。

そんな時みたいな、大きな安らぎを与えてくれる。

だから彼女の歌を聴いてて、歌の上手さに感心するといったレベルを超えて感情移入していき、そこに母親的な理想の女性の姿を感じ始めて、いつしか憧れるようになっていたのです。

この事に、ソヒャンが覆面を脱いで素顔を見せた時に、私は突然に気付いた。

「あ、俺はこの素顔の分からない女性に、特別な感情を抱いていたんだ。
 彼女が素顔を見せて、その状態から醒めたぞ。」と。

ソヒャンの素顔は、決して悪いものじゃない。
顔の作りで熱が冷めたというわけではない。

ただ、韓国に多い整形顔だったので、やや残念に思った。
整形顔が好きじゃないですよ、私は。

1つの恋は終わったが、ソヒャンの才能に惚れたし、歌から彼女の素晴らしい人間性も理解できたので、新たな恋が始まったともいえる。

ソヒャン。俺、君のこと好き。

もし彼女が覆面歌王で歌ったものを集めたDVDやCDが発売されたら、買っちゃうよ。

それに、彼女が日本でコンサートを開いたら観に行くと思う。
やるのを知ればね。あんまりそういう情報を入手しないので、知らずに逃す可能性は高いのだが。

まっ、最高の歌手なので、皆さんもチェックしてみて下さい。

ちなみに、この記事を見た人には、ネット上にノリノリ主婦の出演した覆面歌王の映像がないか探す人もいると思う。

それを見込んで、この記事を書く前に(2月12日くらいに)私は調べてみました。

すると、ユーチューブには覆面歌王の映像がかなりあったが、古い回のばかりでノリノリ主婦の出た最近の回はまだアップされてなかった。

ニコニコ動画にはノリノリ主婦の回もアップされてたが、私は普通会員のため画質も音質も酷く、残念ながらリビングルームのテレビで見たら味わえる感動が、こっちでは味わえなかった。

ソヒャンの歌は本物の芸術なのでね、高画質・高音質で楽しんでほしい。

だけど、今からKNTVに加入しても、ソヒャンの出た回の放送は終わってるので見られないんだよねー。

レア度が高い状態だけど、だからこそ入手する価値あるでしょ。
探してみて。

韓国人と友達になれば、手に入り易くなるかもしれない。
在日とかいってバカにしてないで、友達になっちゃえばいいんだよ。そうすれば良い事もあるのにさ。

さてさて。

次回の日記ですが、もう一人素晴らしい韓国女性を知ったので、紹介しようと思います。

ソヒャンにも惚れたが、こっちの女にも惚れた。

ええ、二股かけてます。

まあ、花總まりとかの日本女性を含めると三十股くらいかけてるんですけどね。

実は私、恋多き男なのです。


日記 2018年1~3月 目次に戻る