佐川氏の証言は誠意がなかった
さらに証拠を集めよう
(2018.3.27.)

本日、森友学園に絡んだ公文書の改ざん事件の真相解明を主目的として、佐川宣寿氏の証人喚問が行われた。

テレビで生中継され、私もそれを見たのだが、なんとも煮え切らない内容となった。

実に残念な事に、佐川氏は文書改ざんについての証言を拒否した。

「刑事訴追をうける恐れがある」との理由で、証言拒否を連発した。

彼のやった事は、逃げと誤魔化しだった。

本来ならば、国会という重たい場に喚問された以上、自分の身がどうなるかと考える前に、真実をすべて国民に語らなければならなかった。

公文書の改ざんは、犯罪である。
それを財務省が行い、さらに首相ら官邸の命令で行った可能性が濃厚だ。

この重大事件の全容を解明するために、わざわざ国会は佐川氏を喚問したのである。

そこで証言拒否を連発するなんて、国民を愚弄しているとしか言いようがない。

佐川氏は、刑事訴追と関係ない部分でも証言拒否をしていた。

これは議院証言法に違反しているし、刑罰対象の行為ですよ。

安倍政権は、憲法や法律に違反する事を意識的に行ってきたが、その無法行為がここでも表現されていましたね。

佐川氏は、表面上は頭を下げたりして反省の素振りをしていたが、やっている事は真実を闇に葬ろうと画策することだった。

この態度は、安倍首相にとても似ている。
彼も「深くお詫びする、真相解明に全力をつくす」と言って国民に頭を下げるが、真相を知っている自分の妻や側近たちに何も語らせない。

彼らを見ていると、「国民はバカだから、少し頭を下げれば納得するし、嘘をついても見破れない」と思っているのが明らかだ。

国民全体が舐められてるな。

この喚問で佐川氏が真実を話せば、かなり事件解決へ前に進んだんですけどねー。

森友事件では、政府が嘘をつくのを繰り返すことで、無駄な時間がかかっている。

見ていて思うが、嘘は成長を阻害するし時間を浪費しますね。
正直に語れば、すべてが楽に運び、どんどん成長していけるのですが…。

佐川氏は、文書の改ざんを出来る限り部下に押し付けたいらしい。

それが答弁から窺えた。
「課長補佐が文書を作成している」とか、自分はタッチしてないと訴えていた。

安倍首相が逃げ、その側近たちも逃げ、佐川氏に責任をかぶせるためのシナリオを与党が作り、それを受けて今度は佐川氏が部下に責任を押し付ける。

なんなんだ、この茶番は。

こんな三流の芝居に、私たち国民が騙されると本当に思っているのか?

私たちは、そんなにバカじゃない。

国有地の格安売却については、佐川氏は「前任者の迫田さんから何も引き継いでいない(交渉経緯を何も知らない)」と言った。

やはりここの部分を解明するには、迫田氏を証人喚問するしかないな。

ずっと前から、野党は迫田氏の喚問を求めているんですけどね。

佐川氏は「安倍夫妻からも首相秘書官からも麻生財務大臣からも指示はなかった」と自民党の質問(誘導尋問)に答えたが、その後に野党から追及されると「そう自分は認識している」と逃げの訂正をした。

多くの方(元官僚など)が指摘しているが、あれだけの大規模な公文書の改ざんを、財務省の一部だけでやるはずがない。

結局のところ、誰だって刑務所に入るのは嫌だから、安倍らがどれだけ下に罪をなすり付けようとしても上手くいかないでしょう。

下にせいにしようとしたり、真実を隠蔽しようとすれば、新たな情報がリークされる事になる。

安倍たちはババ抜きゲームみたいな状態に持ち込み、弱い奴に全部を(ババを)押し付けようとしているが、この事件はそういうものではない。

彼らの作り出す変なストーリーに惑わされてはいけない。

森友事件を見てきて思うが、そこらにある推理小説の100倍くらい面白い。

世に推理好きの人は多いし、探偵になりたい人と夢想する人も多い。

すでに膨大な情報が明らかになっているので、国民みんなで推理し、探偵気取りで真相究明に乗り出そうではないか。

どんどん事件の鍵を握る人物を証人喚問しよう。
自ら取材をして情報を集めるのもいい。

そうやってドンドン証拠や証言を集め、それを突き付けて真実を明らかにするのだ。

私は思うのだが、森友事件のような嘘つきの競演を見るのは、深刻にとらえると辛くなる。

同じ日本人の自分が駄目な奴に思えてきて、生きる気力を失いかねない。

そういう意味では、安倍晋三や佐川宣寿はもの凄いネガティブな力を発散している。

こうしたネガティブ・パワーに対処するには、楽しむ心(ポジティブ・パワー)で向き合うのがベストです。

ここまできたら、楽しむしかない。
私は覚悟を決めました。

政府が嘘をついて時間稼ぎをする以上、全容の解明まで時間を要するのだから、こっちは余裕を持って当たらないと身が持たない。

最終的に、嘘つきたちは敗れ、その総大将である安倍晋三は刑務所送りとなるでしょう。

そのエンディングは確定しているのだから、あとはそこまでのドラマを楽しみ、大いに推理して皆で話を咲かせましょう。

だいぶ証拠が集まってきている。
本丸までもうあと少しです。

焦る必要は無い。

今まで情報収集し証拠を集めてきた方々に深く感謝します。

この調子で一歩ずつ進んでいこう。


日記 2018年1~3月 目次に戻る