沖縄県民投票で辺野古反対が圧勝
(2019.2.26~27.)

一昨日(24日)に沖縄で、米軍基地の辺野古移転について賛否を求める、県民投票が行われた。

この背景には、沖縄県が知事を筆頭にして米軍基地の縮小を求めているのに、安倍・自公政権が全く耳を傾けず、新基地建設を強行してきた事がある。

安倍・自公政権は、支持率が落ちてくると北朝鮮や中国や韓国を非難し、日本を守っている様に見せかける。

その一方で、日本を占領し続けているアメリカ軍を、正義の軍隊と持ち上げ礼賛する。

そうしてアメリカ軍は正義の軍隊だから、どれだけ核兵器を持ってもいいし、在日米軍基地を拠点に日本人の人権を無視して活動してもいいと言う。

安倍・自公政権の支持層は、親米、反韓・反中国の色彩が強い。

ところが最近は、ボスのアメリカが北朝鮮や中国と親密になっているので、一貫性を保てなくなった。

実は、彼らにはアメリカの言いなりになるという一貫性しかない。それは観察を継続していれば誰でも気付くはず。

これまでずっと彼らは、「北朝鮮と中国は危険な国だ、だからアメリカと連携して戦っていく。日本は危険な状況にあるから、アメリカから高額な兵器を言い値でも購入しなければならないのだ。」と主張していた。

だが、状況は変わった。
なんと、アメリカ大統領と北朝鮮の指導者が、笑顔で握手し平和条約を結ぶ方向で交渉を始めたのだ。(私は、この点ではトランプ大統領を高く評価している)

米中関係も、たまにギスギスしているが、長期的に見れば経済の結びつきを中心に良好である。
中国の富裕層はアメリカに移住したり、アメリカに資産を移したりしているのだが、それを見れば表では何を言ってても裏では手を結んでいるのが明白だ。

本来ならば、この国際情勢の新展開に日本も加わらなければならない。

ところが親米保守の人々は何も出来ない。
本音では「アメリカに裏切られた」と思っているのだろうが、ボスに対しそれは絶対に言えないので、ただ下を向いて「前の状況に戻らないかな」と考えている。

振り返ってみると、トランプ政権が金正恩と平和に向けた交渉を始めた時に、日本の親米保守派が必死になって止めたのも異常だったな。

朝鮮戦争以来、60年以上も(終戦にならず)停戦状態で、朝鮮半島が真っ二つに割かれて緊張状態にある事こそが問題なのに、それを維持させようと必死になっているのだもの。

安倍・自公政権がアメリカに付き従うだけの存在なのは、北朝鮮からミサイルが飛んでくる可能性が激減したのに、アメリカから言い値でぼられていると知りながらミサイル防衛兵器を買いまくっている事によく現れている。

あれは、日本のためではなく、アメリカに貢ぐためなんですよね。
あとは日本の防衛産業のため。

歴史を学ぶと分かるのですが、軍隊は民衆を守るために活動するのではなく、軍の利権(自分達の利権)と権力者の地位を守るために活動するものです。

これは真実なのですが、あまり歴史を学んでない人だとピンと来ないかもしれませんね。

日本の自衛隊も、本質は軍隊であり、色々と理屈をつけて自分達を美化しているが、国民を守るために存在しているのではない。

米軍だろうが何だろうが、どこの軍隊も同じです。

これが理解できると、いま沖縄で起きている事がくっきりと見えるようになります。

防衛省(沖縄防衛局)が沖縄県民の望みを無視して、赤土のデータ不正までして辺野古に土砂投入を強行しているのは、自分たちの利権のためです。

工事の受注とか色々利権があるんです、我が家が取っている東京新聞はそれをかなり明らかにしてくれている。

まあ、辺野古は軟弱地盤なのが明らかになり、基地建設できない事が確定しましたね。

『軍隊は、人々を守るために居るのではない。軍の利権と権力者を守るために居る。』
これを心に置いて世の中を観察して見て下さい。

そうすると視界が開けて、世の中で起きている事がきちんと理解できるようになります。

日本にある米軍基地は、アメリカが朝鮮半島やベトナムを攻撃する拠点になった。

中国やロシアを偵察(諜報)する拠点にもなってきた。

ぶっちゃけた話、日本を守るために基地があるのではなく、アメリカが戦争(経済戦争を含む)をするために存在しているんです。

在日米軍基地には、スパイを養成する場所もあり、ケネディ大統領を殺したとされているオズワルド(実際には殺していない)や、アメリカの盗聴網を明らかにしたエドワード・スノーデンも、在日米軍基地でスパイの訓練を受けていました。

もちろん在日米軍基地は、日本もスパイの対象にしていて、日本の占領を開始した時からずっと盗聴やプロパガンダを続けている。

スノーデンが明らかにしてくれたが、在日米軍基地には無人攻撃機の操縦基地もあり、日本から操作した無人機がアフガニスタンやパキスタンなどで爆撃をし殺人している。

そういう場所なんですよ、在日米軍基地って。

こうした事実は日本では知らない人が多いが、沖縄は米軍基地がたくさんあり、米軍統治下で虐げられてきた歴史も長いから、知っている人が多い。

沖縄県民が米軍基地の撤退を求めているので反日と非難する人もいるが、沖縄の人々は真実をよく知っているだけです。

米軍の本当の姿を知っているのです。

沖縄の人々は本当の歴史を知っている賢い人々だから、辺野古に新たな米軍基地を造るという話は、県民投票で当然ながら反対が多数になると予想していた。

安倍・自公政権が家来(沖縄にいる自民党の市長ら)を使っていちゃもんをつけてぶち壊そうとし、「どちらともいえない」という選択肢が入る意味不明な変更もあったが、蓋を開けたら『反対』が72%と大多数を占めた。

投票率も52%となって50%超えをしたし、反対派の完勝といえる。

明確な意思表示になりましたね。

いま、『日本はなぜ、戦争ができる国になったのか』という本を勉強しています。

これを読むと、日米政府間の密約の多さに驚かされる。

このところ安倍・自公政権の出す統計が不正だらけだと分かり、大問題となっている。

振り返ってみると、モリカケ問題での公文書隠蔽や改ざんや偽証の数々、自衛隊の日報の隠蔽、裁量労働制にからむ労働時間のデータ不正など、「自公政権は嘘しかつかない」と言えてしまうほどの嘘の羅列ぶり。

国民の多数を占める誠実な人々からすると、「なんであいつら、あんなに嘘をつくんだ?」と不思議に思えるのではないでしょうか。

『日本はなぜ、戦争ができる国になったのか』(矢部宏治著)と『創価学会とは何か』(山田直樹著)の2冊を読むと、その謎が解ける。

自民党と公明党の本質を理解できるので、「なるほどな、そもそもそういう組織なのか」と納得できる。

ぜひ手に取り、日本政界の真の姿を知って下さい。

『日本はなぜ、戦争ができる国になったのか』は、私にとっては良質の歴史書。

本当の戦後史がそこにはある。
歴史好きの私には、たまらない本です。

だから勉強中。そのうちこのウェブサイトで抜粋して紹介しますね。

沖縄県民投票では、彼らの気持ちが十二分に示された。

日本政府の圧力に屈することなく、勇気を持って自己主張した。
沖縄県はいま、日本で最も目覚めた人々が多くいる場所。

偉大な行いを私は目撃した。
私はあなたがたを称賛し、「覚醒率、都道府県1位」と認定します。


日記 2019年1~3月 目次に戻る