「日本はなぜ、戦争ができる国になったのか」の抜粋ページ作成を始めます
(2019.3.6.)

前回の日記で書きましたが、いま『日本はなぜ、戦争ができる国になったのか』(矢部宏治著)の勉強を進めています。

他の本も同時進行で勉強中で、ガンガンはかどっている感じではないのですが、一歩づつ進めている。

『日本はなぜ、戦争ができる国になったのか』は、アメリカで機密解除された公文書を中心に研究し、日米政府間の密約を取り上げています。

著者は文中で日米密約の先駆研究者たちに感謝しているが、多くの人々が調査を進めてきたことの集大成的な本なのだと思う。

かなりの衝撃事実が(ほとんどの日本人はまだ知らない事実が)書かれていて、読み進めると戦後史の認識が全く変わるほどである。

正直なところ、まだ知られていない日米密約はいくつも存在するでしょう。

いまの安倍・自公政権が、新たに密約をしている可能性も十分にある。

トランプ大統領をノーベル平和賞に推薦するという、桁外れのゴマすりを臆面もなく出来てしまう安倍首相だから、アメリカに有利な密約をしていて何ら不思議はない。

『日本はなぜ、戦争ができる国になったのか』を読むと、吉田茂や岸信介がアメリカに従属する密約をしていたと分かる。
国民に隠して、日本がアメリカの占領下であり続ける政治決断をしている。

その子孫がいま日本政治の中心にいるのは、危険極まりないと言っても過言ではないと思う。

日本の戦後史については、大きな勘違いが横行している。

吉田茂や岸信介といった政治家たちを、「日本の国益を守るために奮闘した」と評する事が多いから。

勘違いも甚だしいな。

日本は無茶苦茶な戦争を続けた結果、完全に敗北して、無条件降伏した。

そして焦土となった日本に、アメリカ軍がやってきて、全てをアメリカが牛耳る状態が始まった。

アメリカが日本占領で最初にやった事は、自分達に逆らう者どもを公職から追放する事だった。

もの凄い数の人が、政界や経済界や言論界から追放されたんですよ。

「軍国主義者などを排除して民主化する」との名目で行われ、実際にろくでもない者達がたくさん追放されたのも事実だが、アメリカが行った公職追放の本質は「言う事を聞かない者の排除」だった。

だから『日本の国益を守るために奮闘する人々』は、選別され排除されたんです。

そうして、アメリカにゴマをすり言う通りに動く者が、時にはA級戦犯なのが無罪放免になったりしつつ、戦後日本で出世していった。

これが本当の戦後史です。

吉田茂や岸信介は、愛国者ではなく、アメリカの言いなりになる人物だったからこそ、首相になったのです。

この事が、『日本はなぜ、戦争ができる国になったのか』を読むと、しっかりと見えてくる。

もし日本の一般国民が「戦争反対」や「独立の回復」を声高に唱えていなかったら、政治家達はさらに妥協しまくり、今では「アメリカ領・日本州」になっていたかもしれない。

そして日本兵はアジア人種として低く見られ、アメリカの戦争で最前線に送られていたかもしれない。
実際に米軍では黒人兵が最前線に送られやすいから。

私は歴史が大好きで、日本史も勉強し続けているから、そのうちこのウェブサイトで『日本史の勉強』というページを立ち上げたいと思っていました。

良い機会なので、この構想を実現する事にし、最初に『日本はなぜ、戦争ができる国になったのか』を取り上げようと思います。

すでに『歴史の勉強』というページがあり、色んな国の歴史を学んでそこで紹介しているのですが、日本史についてはそこに置かず、単独で扱うことにします。

『日本はなぜ、戦争ができる国になったのか』は素晴らしい本で、多くの方に内容を知ってもらいたいです。

なので、日記のページと日本史の勉強のページの両方に抜粋をアップしていきます。

(追記
 一部は『日本史の勉強』ではなく、『日本の問題の勉強』の所に入れる事にしました)

私は、日本が真にアメリカから独立し、過去の歴史を素直に認めた上で、世界中の国々と楽しく仲良く暮らすのを夢見ています。

同じ夢を見る人はたくさんいるはず。一緒に頑張りましょう。


日記 2019年1~3月 目次に戻る