日米政府の密約① 基地権の密約②
(2019.3.13.)

(『日本はなぜ、戦争ができる国になったのか』矢部宏治著から抜粋)

吉田政権は、『岡崎・ラスク交換公文』を交わして、基地権について全面的に譲歩しました。

交換公文とは、国家間でかわす合意文書の1つで、往復書簡の形式で書き、それぞれがサインする。
公けに発表しないので、密約となるケースが多い。

『岡崎・ラスク交換公文』は、岡崎勝男とディーン・ラスクがサインしたものだが、米軍の日本占領が終わった後の事について決めたものです。

(岡崎は当時、吉田茂・首相の右腕だった人物)

この交換公文は密約として処理されたが、後に首相にもなる宮澤喜一が著書『東京ーワシントンの密談』に書き、一般公開しました。

宮澤は本の中でこう語っている。

「占領軍は平和条約の発効後に90日以内に日本から撤退しなければならないと、
 平和条約(第6条)に定められていた。

 だが、『岡崎・ラスク交換公文』で骨抜きにされてしまった。

 私は、折衝中の行政協定の草案を見たが、次の規定があった。

 『アメリカは駐留を希望する地点(基地)について、平和条約の発効後90日以内に
  日本側と協議し、同意を得なければならない。

  ただし90日以内に協議がととのわなければ、ととのうまで暫定的にその地点に
  いてよろしい。』

 協議がまとまるまで居ていいのでは、90日と日を限った意味がない。

 非常に驚いて、この規定を削るよう外務省に申し入れた。

 ところが再び驚いたのは、この規定は行政協定からは姿を消したが、
 『岡崎・ラスク交換公文』に入っていた

 それを知った時には、すでに行政協定は両国の間で調印を終わっていた。」


日記 2019年1~3月 目次に戻る