コロナワクチンは大薬害事件なのが確定した
(2021.12.30.)

多くの日本人が2回接種したと言われている「コロナウイルス用のワクチン」。

私は射ってないのですが、このところワクチンによる後遺症が増加しています。

ごく稀にマスメディアも取り上げてますが、マスメディアのほとんどはデルタ株やオミクロン株の恐ろしさばかりを強調してますね。

実のところ、テレビはあまりに内容が無いので、どんどん見なくなってます。
結局、マスメディアや御用学者(御用医者)が語るコロナウイルスの情報って、アメリカとか西ヨーロッパの権威筋の語る事の受け売りですから。

自分で調査した情報ではないし、自分で考えて判断した情報でもない。
「日本政府は、こう発表しました」とか「アメリカの~がこう報じました」とか、そんなのばっかりなんですよね。

ぶっちゃけ、コピー&ペーストと変わりありません。

若者がテレビも新聞も見ないと嘆き節がありますが、内容が無いから見なくなるのは当然です。

ここ1ヵ月くらいで、ツイッターを見る時間が増えました。

なぜかというと、YouTubeではコロナワクチンの情報がどんどん削除されてしまい、その一方でツイッターにはワクチンの副反応や後遺症の情報が体験者の声として沢山投稿されているからです。

私は、コロナワクチンにいかがわしいものを感じており、だからこそ射たなかったのですが、正体を見極めたいとの思いがあります。

コロナウイルスとコロナワクチン、それに絡む様々な出来事は、後世になって今世紀の事を語る時、欠かせないでしょう。

そういう重大な出来事なので、注意深く観察してますが、沢山のインチキが行われ、人権侵害が起きてますね。

単に社会がパニックになって間違いや人権侵害が起きているというより、裏に計画がある、腹黒い意図的なものが裏にある、そう見えます。

この裏面の話は今記事ではしませんが、単なる偶然と混乱の出来事ではないと見てます。

話をワクチン被害者に戻しますが、ツイッターにはワクチン接種後に深刻な身体状況に追い込まれた人のコメントが、かなりあります。

それを見ると、とうてい「気の迷い」とか「「勘違い」では片付けられません。

ワクチン被害については、少し前までは全否定をする方がかなりおり、彼らは精神面の問題だとかデマだとか言って、被害者たちを罵倒すらしていたのですが、日本政府が「心筋炎」との因果関係を認めたので流れが変わりつつあります。

ツイッターのコメント(被害報告)を読むと分かるんですが、現実には心筋炎以外にも様々な健康被害が出てます。

ついには、被害者たちやワクチンが危険だと考える医者などが連帯して、署名活動や訴訟を起こす所まで来てます。

私は賛同しているので、温かい目で応援してます。

被害者には、体調の悪化で学校に行けないとか仕事を辞めることになった方もおり、長期の入院になっている方もいます。

正に「薬害事件」そのものです。

ツイッターのコメントには「救急車の音を最近よく聞くようになった」とか「救急車を頻繁に見かける」との指摘があります。

私も、以前は1日に1回程度だったのが、ここ2ヵ月くらいで1日に5回とかサイレンを聞くようになりました。

気になり出して聞き逃さなくなったのもあると思いますが、確実に2.5倍には増えていると思います。

ツイッターのコメントでは、医療従事者の方が「救急車で運ばれてくる人が増えた」とか「癌が急に増えた」と書いているのも見ました。

日本の人口動態の超過死亡が平年比で6万人超になっており、東日本大震災の時を上回る状態というのが、話題になってますが、水面下で病気や急死が増えているのは間違いでしょう。

ワクチン被害では、射って大丈夫だった人が、「私は大丈夫だった(だから被害を訴える奴はおかしい)」と言う事がかなりあります。

しかし薬害事件というのは、全員に被害が出なくても成立し、500人も被害者がいれば十分に事件なんです。

今回の「コロナワクチン薬害事件」は、厚労省が把握しているだけで数千人の重篤な被害者がおり、軽度の後遺症を含めれば数万~数十万人の被害者が日本だけで居るはずです。

この薬害事件は、世界中で起きているので、「歴史に残る大薬害事件」と言っていいです。

コロナワクチンの副作用・後遺症は、よく知られている心筋炎の他にも、物忘れ、記憶が飛ぶ、脳梗塞、失明、耳鳴り、脱毛、湿疹、頭痛、倦怠感、不正出血など、色んな症状があります。

かなりの毒性がある気がしてなりません。

射って大丈夫だった人は、毒を排出できたのか、まだ病発してないのか、体質的に合っていたのか、どうなんでしょうね。

射って大丈夫だった事に安心するよりも、同じものを射って病発した人達を見て、危機意識を持ってほしいです。

皆で集まって同じものを食べて、誰かが泡を吹いて倒れたら、「なんかヤバイのか」と思いませんか?

健康被害が出ていて、自分も同じものを身体に入れたのに、全く気にせずに無視する感覚が、私にはいまいち理解できないです。

ワクチンの健康被害では、医療従事者に「そんな被害はあり得ない」とか「報告されてない」と言って、被害自体を否定する方がいます。

しかし、そもそも医療というのは、何らかの病状が出て苦しむ人がいたら、まずその患者の言葉に耳を傾けるところから始まると思うのです。

原因不明の病気なんて、過去にはいくらもありました。

原因の分からない病気に対し、患者を診ていって何が原因なのかを調べるのが、医療の基本です。

医者なのに、目の前にある健康被害を否定する人の感覚が、ちょっと分かりづらいですね。

ツイッターの被害者たちのコメントを見ると、1ヵ月くらい前までは医者に相談しても冷たい対応をされる事が多かったのが、「それはワクチンの副作用ですね」と説明される事が直近では増えているようです。

医療現場の意識や対応が変わってきている様です。

ここまで変わったのなら、もうコロナワクチンを中止・停止にすればいいと思うのですが。

最近は、コロナワクチンの効果が笑えるものになってきました。

オミクロン株が出たところ、30数か所の変異があるため、コロナワクチンが効くか分からないとの事。

「現行のワクチンが効くかは分からない。効く可能性は30%だ。だけど皆に射ってほしい。それが効果的な対策となる。」とワクチンを推す方々は言ってます。

言ってることがもはや、ボケにしか聞こえません。

効かない可能性のほうが高いと思われるワクチンを、日本政府は数億発分も買ってしまいました。
総額は数千億円で、1兆円に近いかもしれません。

こんな買い物、世間でありますか?

普通ならば、まず少量で買って、効くかどうかを調べませんか?

ワクチンの巨大ビジネスに、政府も一枚噛みだしたとしか思えません。

製薬会社から利益の一部をキックバックしてもらう密約をしているのでは、と思うくらいです。

現在は、政府のやる事もマスメディアの言うこともめちゃくちゃなので、自分の頭で考えないとどこに連れていかれるか分かりません。

しっかりと自分で考えましょう。


日記 2021年10~12月 目次に戻る