第三次中東戦争

(『世界の紛争イスラム・アメリカ対立の構図』から抜粋)

1967年5月に、エジプト軍がシナイ砂漠に進駐し、イスラエルとの間で緊張が高まった。

同年6月5日にイスラエル軍は、エジプト軍に攻撃を仕掛けた。

イスラエル軍はわずか6日間で勝利し、ヨルダン川西岸、ガザ地区、シナイ半島、ゴラン高原を占領した。

エルサレムの東地区も占領した。

(2013年4月8日に作成)


近代イスラエル史 目次に戻る