朝鮮半島の分断の真相

(『北朝鮮の真実』重村智計著から抜粋)

朝鮮半島は、どうして分断されたのか。

ソ連は、第二次大戦の当時は、日本と「不可侵条約」を結んでいた。

ところが、アメリカのトルーマン大統領は、ソ連の指導者スターリンに、対日戦争への参戦を求めた。

ソ連は、1945年8月9日に、日本軍への攻撃を始めて、朝鮮半島にも侵攻した。

ソ連の参戦がなければ、朝鮮の分断は起きなかっただろう。

だから分断の責任は、アメリカ、ソ連と、後に朝鮮戦争を始めた金日成にある。

朝鮮半島に侵攻したソ連軍は、北緯38度線で侵攻を止めた。

なぜ38度線で侵攻を止めたかは、長い間の謎であった。

アメリカのディーン・ラスクが、「自分が、38度線を米ソの分割線にした」と告白して、謎が解けた。

ソ連の侵攻を知ったアメリカは、直ちに「どこまで侵攻を許すか」を検討した。

その中心に、ラスク少佐がいたのだ。

ラスク少佐らは地図を見て、「38度線が朝鮮半島の真ん中に当たる」と判断し、そこで分割統治する事をソ連に提案した。

ソ連が受け入れたために、分割が確定した。

○村本尚立のコメント

こんなふざけた理由で、朝鮮半島はもう60年以上も分断されているのです。

韓国は、もっとアメリカに怒った方がいいと思います。

(2013.7.5.)


韓国史 日本支配からの解放後 目次に戻る