朝鮮戦争③
マッカーサーが原爆を落とす事を提案し、トルーマンは解任する

(世界歴史大系 アメリカ史2から抜粋)

北朝鮮からソ連軍が撤退すると、1949年6月にアメリカ軍も撤退します。

アメリカのトルーマン大統領は、武力統一を公言する李承晩に警戒的で、武器の供給を自制していました。

49年にソ連が原爆の保有を認めると、トルーマンは「水爆製造」の命令を公表します。

強硬派から軍事費の倍増も提案されますが、トルーマンはそれは断りました。

50年6月に、北朝鮮は2度にわたり韓国に平和統一案を提示しますが、李承晩は拒否しました。

すると6月25日に、北朝鮮は突然に韓国に侵攻します。

『朝鮮戦争』が始まったのです。

北朝鮮は、平和統一の可能性が無くなったとみて、戦争を仕掛けたようです。

北朝鮮軍は、開戦の3日後にはソウルを落としました。

開戦するとトルーマンは、朝鮮だけの問題とは見ず、台湾・フィリピン・インドシナへの
軍事展開も発表します。

アメリカは、6月30日には地上軍の投入も決定しますが、これはソ連が「内政への不干渉」を要求してきたのを見て、ソ連の軍事介入はないとの判断から決定したものでした。

国連は、韓国軍とアメリカ軍を「国連軍」と認定します。

そして、司令官にマッカーサーを就任させました。

(当時の国連には、ソ連ら東側陣営はボイコット中で参加していませんでした)

10月7日には、国連は、国連軍による朝鮮の武力統一を許可しました。

その後、中国軍が北朝鮮側で参戦するや、国連軍は総崩れとなります。

アメリカは、中国軍の威力を痛感させられました。

トルーマンは原爆の使用をほのめかし、マッカーサーは中国の東北部への原爆使用を主張します。

世界戦争への拡大を恐れたイギリス首相のアトリーは、訪米をして忠告をしました。

そのため、トルーマンは対中国の戦争を諦め、朝鮮戦争の目的を38度線の回復に改めました。

朝鮮戦争に対応して、日本では50年8月に「警察予備隊(後の自衛隊)」が創設されました。

そして、9月には沖縄を分離する事になり、米軍基地を存続させる対日講和の原則を決定しました。

この原則に基づいて、51年9月にサンフランシスコで、『対日講和の条約』と『日米の安保条約』が調印されました。

マッカーサーは、対中国の戦争を主張し続けたため、解任されます。

51年6月には、ソ連が停戦を提案します。 国連軍は受け入れました。

しかし交渉は難航して、53年7月にようやく『停戦協定』が結ばれました。

この戦争では、国連軍は93万人、北朝鮮側は100万人が、参戦しました。

双方の合計で、146万人が死傷しました。 アメリカ兵は3.3万人が戦死しました。

李承晩は、最後まで休戦に反対していました。

アメリカは、『米韓の相互防衛の条約』を結んで、軍事援助を強化する事で李をなだめました。

結局のところ、この戦争は、戦前の状態に復帰するだけの結果に終わりました。

(38度線での南北の分割は、戦後も続いていきます。

 冷静に見ると、何の意味もない、完全に不毛な戦争です。
 喜んだのは、軍事産業だけでしょう。)

アメリカでは、勝利の無かった戦争として、強い不満が残りました。

(早わかり世界近現代史から抜粋)

朝鮮戦争が始まると、国連軍の司令部は日本の東京に置かれて、50年9月にはマッカーサーの指揮するアメリカ軍は仁川上陸に成功します。

そしてソウルを奪還して、そのまま中国国境を目指しました。

しかし10月に、中国は自国の危機と見て、100万人の軍隊を用いて参戦します。

(そしてアメリカ軍は、38度線に撤退します)

38度線付近で戦況が膠着すると、国連軍の司令官であるマッカーサーは、
「戦域を中国とソ連にも拡大させて、中国とソ連の主要26都市に原爆を落とそう」
 と主張します。

トルーマンは、世界戦争への拡大につながると恐れて、マッカーサーを解任しました。

朝鮮戦争は、53年7月の休戦までに、400万人の死傷者(うち170万人は朝鮮人)を出して、1000万人の離散家族を生んだ、悲惨な戦争でした。

トルーマンは、朝鮮戦争を利用して、冷戦の拡大を積極的に進めて、アメリカの年間軍事予算は130億ドル→350億ドルへと増えました。

アメリカが第7艦隊を台湾海峡に派遣して、台湾の国民党政府を守ることで、
国民党(台湾)と中国共産党の対立が固定化しました。

○村本のコメント

マッカーサーは、日本では一部の人々には高く評価されていますが、原爆の大量投下を主張した事実を見れば、大局的な視点のない人物だと分かります。

マッカーサーの提案が採用されて原爆が投じられていたらと思うと、恐ろしくなります。

『神との対話』では、「究極の現実(無時間の領域)では、あらゆる可能性が併存している」と説いています。

究極の現実には、この時に原爆が投じられて世界戦争になり、地球が壊滅してしまった
ヴァージョン(パラレル・ワールド)も、存在しているのでしょう。

朝鮮戦争の死傷者については、本によって数が違います。

戦争の被害の調査が難しいことを示していますね。

日本には、「南京大虐殺は無かった。なぜなら、証拠がないではないか」と主張する人がいます。

しかし、戦争の時には、いちいち何人が死んだかを数えるのは無理だし、殺した側は証拠を隠滅します。

ですから、証言者たちがいるだから(駐在していた各国の人々の証言もある)、
それは事実と認める必要があります。

(2013.10.13.)


韓国史 日本支配からの解放後 目次に戻る