日本は土地調査を行って、日本人所有地を大拡張する

(韓国歴史地図から抜粋)

日本は、1910年から『土地調査事業』を行った。

土地の所有者に申告をさせ、申告されなかった土地は朝鮮総督府の所有となった。

旧大韓帝国の国有地も、朝鮮総督府の所有となった。

朝鮮総督府は、この土地を『東洋拓殖株式会社』や日本人移住者に安く売り払った。

東洋拓殖株式会社は、調査事業後には朝鮮最大の地主となった。

同社の所有地は、10年度には1万ヘクタールだったが、調査事業後には7万ヘクタールを上回った。

耕作していた農民たちの耕作権は、いっさい認められなかった。

土地調査の結果、多くの農民が土地を奪われ、都市に移動したり海外に移住したりした。

(2013.4.18.)


韓国史 日本の植民地時代〜第二次大戦の終結まで 目次に戻る