日本の支配下で、都市は急速に近代化する

(『韓国歴史地図』から抜粋)

日本の支配下で、都市は急速に近代化した。

ソウルの市域は拡がり、農村や日本からの移住者で人口は大幅に増加した。

ソウルには商店街が形成され、以前からの中心商店街は「本町」と改称され、日本人が営業権を独占した。

ソウルは電気が普及し、街灯が夜道を照らした。

19世紀末には、鉄道と電車が導入された。

1920年代後半には、大型バスが導入された。

(2013.4.30.)


韓国史 日本の植民地時代~第二次大戦の終結まで 目次に戻る