ギリシャ戦の感想② 大久保嘉人選手の話

(『ナンバー2014年6/30臨時増刊号』から抜粋)

ギリシャ戦を終えた後、ミックスゾーンに現れた大久保は、喉がガラガラに嗄れていた。

「ゴール前のバイタル・エリアの所を、もっと使えたでしょ」

大久保は悔しそうに声を絞り出した。

大久保

「(後半になると)相手はブロックを組んでいたけど、
 バイタル・エリアは空いていたので、(本田)圭祐とポジション
 を入れ替えながらミドル・シュートを狙っていた。

 でも、パスが来なかった。

 パスをサイドに出してしまい、その間に相手が戻ってしまう。
 そこが勿体なかった。

 みんな、パスが正直すぎた。

 プレスの罠に嵌められているのに縦パスを出して、そこで
 閉じ込められてボールを取られていた。

 難しかったら後ろに戻してもいいし、キーパーを使ってもいい。

 で、相手が出てくれば空いた所を突く。
 相手が嫌な事をやらないと。

 ハーフタイムでは、『俺にどんどん当ててくれ』と言いました。

 DFがいようが自分に当ててくれればどうにかするし、
 取られたら俺のせいでいい。

 でも、当てる勇気が足りなかった。」

しかし、大久保自身もチャンスを得点につなげられなかった。

後半23分に内田があげたグラウンダーのクロスに、走り込んで合わせたが、枠を捉えられなかった。

最後に香川がスタメンから外された影響を訊かれると、大久保は語気を強めた。

「何の影響もないです。調子が悪いから外れただけで。

 その分、他の人にチャンスが来る。そういう世界だから。」

○ 村本尚立のコメント

バイタル・エリアがたまに空いているのは、私も気付いており、当時の日記でも指摘しました。

相手のペナルティ・エリア中央の外側が、後半の間に3回はぽっかりと空いていましたよ。

日本のボランチ2枚は、それに気付いていたと思うのですが、その空いたスペースに入っていかないのです。

カウンターを恐れて引き気味にしていたのでしょうが、あれは本当に残念でした。

あそこに入って、ミドル・シュートを狙ったり、相手を引きつけてパスを出したり、ボールをキープしてファウルをもらったりすれば、大チャンスになったはずです。

大久保さんがバイタル・エリアに侵入している印象は、私には無いですね。

侵入しても、あまりフリーな状態じゃなかったのだと思います。

とにかく、ああいう膠着した状況では、皆が積極的に色々と試さないと。

日本選手の多くは、誰かがアクションを起こすのを待っている感じがあり、そこが観ていてもどかしかったです。

(2014年11月14日に作成)


サッカー 目次に戻る